武蔵村山市立歴史民俗資料館

 武蔵村山市立歴史民俗資料館は、狭山丘陵南麓の自然豊かなこの場所に昭和56年11月3日に開館しました。
 武蔵村山の「自然・歴史・民俗」についての常設展示をはじめ、季節ごとの展示や企画展などを開催しています。野山北公園の入口に位置しているため、四季を通じての自然散策の拠点として利用されています。
 なお、市指定有形文化財の「人面装飾付土器(把手部位破片)」と「中世常滑窯大甕」は常設展示しています。

展示室案内図


全体テーマ:丘陵と台地が育む生命のあゆみ 人と自然との共生

 武蔵村山市は狭山丘陵の南西に位置し、丘陵沿いには豊かな自然と昔からある寺社が残されています。こうした場所には木々が生い茂っており「ヤマ」と呼ばれています。
 また、南部には住宅街が広がる武蔵野台地があり、畑や雑木林(平地林)が広がっていました。ここは「ハラ」と呼ばれています。
 武蔵村山市の歴史と文化は、この丘陵とその延長線上にある台地との関わりの中で考えることができます。そこで人と自然が、どのように共生してきたのかを考えていきます。
所在地 武蔵村山市本町5-21-1
TEL 042-560-6620
FAX 042-569-2762
ホームページ http://www.city.musashimurayama.lg.jp/kankou/spots/rekishiminzoku/index.html
定休日 毎月第1月曜日、毎月第3水曜日(祝日の場合は翌日)、
年末年始(12月28日~1月3日)
開館時間 9:00~17:00
交通アクセス ■JR中央線 立川駅から 立川バス 箱根ヶ崎行き又は三ツ藤住宅行き「横田」バス停下車 徒歩10分
■JR八高線 箱根ヶ崎駅から 立川バス 立川駅北口行き「横田」バス停下車 徒歩10分
■西武拝島線 東大和市駅から 都営バス 青梅車庫行き「横田」バス停下車 徒歩10分
■多摩都市モノレール 上北台駅から 市内循環バス「村山温泉かたくりの湯」バス停下車 徒歩1分
開館年月日 昭和56年11月3日
入館料 無料
地図

トピックス

村山大島紬(つむぎ) 


狭山丘陵南麓の村山地域は江戸時代より木綿紺絣の産地として知られていましたが、明治時代から大正時代にかけて木綿絣の研究開発が進められ生産量が増加しました。大正8年(1919)頃には板締染色の技術が群馬県伊勢崎から導入され、絹織物が多く作られました。
村山大島は先染した絹糸を手織りする紬絣で、多くは普段着として着用されました。製作の工程は大変複雑で、経糸、緯糸のほか地糸、絣糸ごとに別々の染色、糸巻きの工程があります。最後に柄を合わせ、さらに綜絖(そうこう)通し、筬(おさ)通しをして高機で織っていきます。板締染色と手織りが村山大島紬の特色です。

無形文化財
昭和42年3月指定
所在地 本町2-2-1
保持団体 村山織物協同組合


館のイチオシ

市指定文化財「屋敷山遺跡出土中世常滑窯大甕」

中世常滑
中世常滑
拡大
拡大
拡大

 この大甕は、明治時代初期に当時の中藤村字屋敷山(現在の中藤一丁目)から出土したと伝えられています。
 大甕の形や胎土などの特徴から室町時代(15世紀前半)に、現在の愛知県常滑市付近で作られたものであることがわかりました。
 人が一人すっぽり入ってしまうほどの大きな甕です。


タイトル 刊行年 説明
特別展解説書 武蔵村山市の指定文化財
H28.12 400円 (A4・44頁)

平成27年に市指定された有形文化財(古文書)3件を追加した、市内の指定文化財25件(都指定2件、市指定23件)を写真と解説付きで紹介。
特別展解説書 ヒバチヤ 田口家の火鉢
H27.10 500円 (A4・46頁)

武蔵村山の中藤地区谷津にあった火鉢を中心とした素焼きの土器を焼く「ヒバチヤ」。そこで生産された火鉢などの焼き物類と器面装飾具などの火鉢づくりに使用された道具類を紹介。
市史編さん事業の一環として行われた田口窯調査に参加した両角まり氏の論考『「ヒバチヤ」の火鉢』も収録。
特別展解説書 横中馬獅子舞 当地伝承260周年記念 H25.10 500円 (A4・44頁)

市の無形民俗文化財に指定されている「横中馬獅子舞」について取り上げた平成25年度特別展の展示解説書です。
平成25年度の例大祭の様子や、獅子の使う太鼓胴内の墨書や古文書等の資料から、橫中馬獅子舞の歴史についても紹介。
特別展解説書 武蔵村山の古刹 眞福寺
H24.10 400円 (A4・56頁)

平成24年度特別展「武蔵村山の古刹 眞福寺」の展示解説書です。武蔵村山の古刹である眞福寺の約1300年にわたる歴史と文化財について解説しています。第2章では、「格天井花鳥画」193枚をはじめとする武蔵村山市の指定有形文化財4点も、カラーで掲載されています。
特別展解説書 武蔵村山の弥生時代
H23.10 300円 (A4・48頁)

平成23年度特別展「武蔵村山の弥生時代」の展示解説書です。出土した資料の写真や遺跡の図を多数収録。
吉祥山遺跡第3次調査詳報 S55.3 1,300円 (B5・54頁)
武蔵村山市文化財資料集1 武蔵村山市の板碑 S56.3 700円 (B5・74頁)
武蔵村山市文化財資料集2 御伊勢前 S56.3 800円 (B5・30頁)
武蔵村山市文化財資料集3 赤堀 S56.3 1,200円 (B5・34頁)
武蔵村山市文化財資料集4 吉祥山 55S59.7 3,300円 (B5・149頁)
武蔵村山市文化財資料集5 屋敷山 S61.3 520円 (B5・71頁)
武蔵村山市文化財資料集6 野山・御伊勢前・大ヌカリ S63.3 490円 (B5・55頁)
武蔵村山市文化財資料集8 武蔵村山の昔がたり 口頭伝承 H14.10(再) 800円 (A5・191頁)
武蔵村山市文化財資料集9 久保・アタゴ松・残堀東 H3.3 560円 (B5・48頁)
武蔵村山市文化財資料集10 武蔵村山の昔がたり 生活誌 H4.1 1,000円 (A5・218頁)
武蔵村山市文化財資料集12 念仏塚第1・第2・御伊勢地 H6.3 320円 (B5・35頁)
武蔵村山市文化財資料集13 武蔵村山屋敷神集録 H7.3 480円 (B5・106頁)
武蔵村山市文化財資料集15 武蔵村山市の馬頭観音 H9.2 300円 (A5・60頁)
武蔵村山市文化財資料集16 三ツ木村の皇国地誌 H10.3 200円 (A5・41頁)
武蔵村山市文化財資料集17 (原山)青年会記録簿 H10.12 300円 (A5・95頁)
武蔵村山市文化財資料集18 後ヶ谷戸遺跡 H11.3 1,200円 (A4・222頁)
武蔵村山市文化財資料集19 村山村青年団原山分団記録簿 H11.11 300円 (A5・105頁)
武蔵村山市文化財資料集20 野山北・六道山公園内遺跡 H12.3 200円 (A4・41頁)
武蔵村山市文化財資料集21 谷津富士講調査報告書(本編) H13.3 300円 (A4・26頁)
武蔵村山市文化財資料集22 念仏塚第1遺跡 H13.3 500円 (A4・27頁)
武蔵村山市文化財資料集23 (岸村青年会)厚信会沿革誌 H15.3 200円 (A5・42頁)
武蔵村山市文化財資料集24 御伊勢山遺跡 H15.3 250円 (B5・30頁)
武蔵村山市文化財資料集25 注解 指田日記 上巻 H17.3 600円 (B5・280頁 索引付き)
武蔵村山市文化財資料集26 注解 指田日記 下巻 H18.3 750円 (B5・265頁 索引付き)
武蔵村山市文化財資料集27 試掘(確認)調査報告書 H21.3 200円 (A4・62頁)

数年間にわたる市内の試掘調査・確認調査の成果をまとめました。
武蔵村山市文化財資料集28 渡辺酒造寄贈資料総合調査報告書 H25.3 600円 (A4・67頁)
特別展解説書 村山で作られていた押絵羽子板 H10.1 200円 (A4・18頁)
特別展解説書 後ヶ谷戸遺跡の出土品 H11.10 150円 (A4・16頁)
特別展解説書 ザァル(笊)とカンゴ(籠) H12.10 200円 (A4・17頁)
特別展解説書 武蔵村山における戦後の文化活動 -俳優・山村聰をとりまく演劇・音楽活動- H13.10 300円 (A4・24頁)
特別展解説書 武蔵村山市の年中行事 H17.10 300円 (A4・29頁)
企画展解説書 消防今昔 ~武蔵村山の消防団のあゆみ~ H16.10 400円 (A4・25頁)
むさしむらやま歴史散策コース案内 H13.1(再) 100円 B2(折り込み式)

東京都三多摩公立博物館協議会とは加盟館リスト

このサイトは、財団法人東京市町村自治調査会の多摩・島しょ広域連携活動助成金を受けて制作いたしました。
各加盟館の提供情報については各加盟館までお問い合わせください。
Copyright ©2011 東京都三多摩公立博物館協議会 All Rights Reserved.