青梅市郷土博物館

青梅市郷土博物館

青梅市は美しい自然にめぐまれ、由緒ある史跡と豊かな文化財をもつ都市です。
青梅市郷土博物館は、多摩川の清流と豊かな緑をもつ釜の淵公園内に建てられ、昭和54年に移築された国の重要文化財・旧宮崎家住宅には、いろりもたかれ、民具類が置かれています。博物館には、市民の方々から寄贈された民具類や古文書、遺跡から発掘された考古資料等が収蔵、展示されています。また、市民にとって、博物館は教養の宝庫であり、いこいの場であると同時に、勉学にいそしむ人々に対して、資料を提供する場でもあります。気軽にお立ち寄りください。
所在地 青梅市駒木町1-684
TEL 0428-23-6859
ホームページ http://www.ome-tky.ed.jp/shakai/kyodo/index.html
定休日 毎週月曜日(月曜が休日の場合は、その翌日以後の最初の平日(土曜日を除く)、年末年始(12月29日~1月3日)
開館時間 9:00~17:00
交通アクセス JR青梅線 青梅駅 下車 徒歩15分
開館年月日 昭和49年5月1日
入館料 無料
地図

トピックス

新収蔵品展2017


青梅市郷土博物館では、平成28年度にご寄贈いただいた資料を展示・紹介する「新収蔵品展2017」を開催中です。
江戸時代の古文書や文化人の資料、新発見の板碑など、多数の資料を展示しています。

【展示会案内】
期間:平成29年8月19日(土)~10月9日(祝)
休館日:月曜日(9月18日は祝日のため開館します。)、9月19日(火)
会場:青梅市郷土博物館企画展示室
住所:青梅市駒木町1-684
電話:0428-23-6859
開館時間:午前9時~午後5時
入館料:無料
アクセス:JR青梅線「青梅駅」下車徒歩約15分
HP:http://www.ome-tky.ed.jp/kyodo/sin2017.html


館のイチオシ

重要文化財「旧宮崎家住宅」

旧宮崎家住宅
旧宮崎家住宅

「旧宮崎家住宅」はもともと北小曾木村(現在の青梅市成木)にあり、昭和52年に当時の所有者である宮崎義雄氏より青梅市に寄贈されたことに伴い昭和54年に青梅市駒木町の郷土博物館隣接地へ移築されました。
建物については、建築様式からみて19世紀初頭のものであろうと考えられます。昭和53年に国の重要文化財に指定されています。


武蔵御嶽神社所蔵 国宝 「赤糸威鎧(あかいとおどしよろい)」復原模造品

国宝 「赤糸威鎧(あかいとおどしよろい)」復原模造品
国宝 「赤糸威鎧(あかいとおどしよろい)」復原模造品
国宝 「赤糸威鎧(あかいとおどしよろい)」復原模造品
兜
国茜で染めた絹の組みひもでつづり合わせた豪華なもの

「赤糸威鎧」は平安時代末期の制作とされ、建久二(1191)年に畠山重忠によって武蔵御嶽神社に奉納されたと伝えられています。
広島県の厳島神社の「小桜威鎧」、愛媛県の大山祇神社の「紺糸威鎧」とならぶ、日本を代表する鎧のひとつです。
鎧は厚い牛の皮を小さく切ってつくった「小札」を革ひもでとじて黒漆を塗り、茜で染めた絹の組みひもでつづり合わせた豪華なものです。茜は、同名のつる草の根からとる天然の染料ですが、当時は高価なものでした。
青梅市では、日本を代表する鎧である「赤糸威鎧」の価値を多くの人々に知ってもらうために、三カ年の歳月をかけ、実物を精巧に復原した模造品を制作しました。


タイトル 刊行年 説明
青梅を歩く本 ※残部僅少
H.3.3 1,000円 246頁
※残部僅少
イラストマップ青梅の文化財
H.13.3 300円
「活版印刷技術展」展示図録
H.14.3 500円 12頁
市史史料集54号 谷合氏見聞録、青梅縞資料集
H.20.2 800円 231頁
市史史料集55号 皇国地誌・西多摩郡村誌(上) ※残部僅少
H.22.3 1,700円 379頁
「皇国地誌」は明治時代初期に政府の命令により日本各地で編さんされた地誌で、青梅市域でも各地域の地理や歴史などさまざまな事柄について事細かな調査が行われ、「西多摩郡村誌」として編さんされました。※残部僅少
青梅市郷土博物館では、長らく絶版となっていた「皇国地誌・西多摩郡村誌」を復刻し、販売しています。

青梅市の石仏
S.49.3 2,000円 310頁
「商いの宣伝」展示図録
H.7.11 700円 20頁
「地中からのいぶき」展示図録
H.9.8 800円 13頁
「青梅の名宝」展示図録
H.14.3 1,000円 58頁
青梅宿の文芸活動-小林天渕を中心に-
H.13.3 1,000円 58頁
市史史料集35号 宗門人別帳(3)
S.60.6 1,000円 196頁
市史史料集36号 宗門人別帳(4)
S.61.6 1,000円 254頁
市史史料集37号 御廻状留帳(5)
S.62.9 1,000円 249頁
市史史料集38号 御廻状留帳(6)
H.1.3 1,000円 220頁
市史史料集39号 御廻状留帳(7)
H.2.3 1,000円 232頁
市史史料集41号 検地帳(1)
H.3.10 1,000円 288頁
市史史料集42号 庭場について
H.4.10 1,000円 273頁
市史史料集43号 稿本 三田村史
H.5.8 1,000円 257頁
市史史料集44号 青梅郷土誌
H.6.11 1,000円 285頁
市史史料集45号 調布村誌資料
H.7.10 1,200円 447頁
市史史料集46号 西多摩郡人物誌 法鑑 市川家日記
H.8.11 1,200円 249
市史史料集47号 仁君開村記 杣保志
H.10.1 1,500円 297頁
市史史料集48号 都下村落行政の成立と展開
H.10.10 1,800円 264頁
市史史料集49号 川口家石灰関連文書(上)
H.12.3 1,800円 321頁
市史史料集50号 川口家石灰関連文書(下)
H.12.9 1,800円 261頁
市史史料集51号 仁君開村記による新町の開拓 他
H.15.3 1,200円 204頁
  
市史史料集52号 道中日記 御嶽まうて 他
H.16.3 1,800円 421頁
市史史料集53号 青梅鉄道資料目録
H.18.3 2,000円 185頁 ※完売しました
青梅市の民俗(1)(2)
S.47.10 2,200円
(1)230頁(2)225頁
青梅市の民家
S.51.3 4,000円 307頁
青梅市の町屋
S.55.12 2,600円 201頁
青梅市の板碑
S.55.3 4,000円 436頁
青梅市の自然Ⅰ
S.56.3 5,000円 448頁
青梅市の自然Ⅱ
S.57.3 5,000円 534頁
青梅市の社寺建築
S.63.3 5,000円 389頁
青梅市の中世城館跡
H.2.3 3,000円 224頁
青梅市仏像彫刻概報Ⅰ
H.6.2 500円 89頁
青梅市仏像彫刻概報Ⅱ
H.6.12 500円 76頁
青梅市仏像彫刻概報Ⅲ
H.9.3 500円 94頁
人生儀礼緊急調査報告書
S.62.3 2,500円 130頁
武蔵御嶽神社および御師集団の古文書報告書(Ⅱ) 金井家文書(1)
H.16.3 2,500円 409頁
武蔵御嶽神社および御師集団の古文書報告書(Ⅲ)  武州御嶽山文書第一巻 金井家文書(2)
H.17.3 2,500円 396頁
武蔵御嶽神社および御師集団の古文書報告書(Ⅳ)  武州御嶽山文書第一巻 金井家文書(3)
H.21.3 1,600円 260頁
武蔵御嶽神社および御師集団の古文書報告書(Ⅴ)  武州御嶽山文書第一巻 金井家文書(4)
H.22.3 1,600円 261頁
活版印刷技術調査報告書(改訂版)
H.16.8 4,000円 344頁
青梅の名花・名木
H.17.1 1,000円 61頁
企画展小説『大菩薩峠』甲源一刀流の巻にみる青梅の情景
H.18.10 200円 18頁
文化財地図『青梅を歩く』  ※完売しました
H.19.2 700円 ※完売
特別展『誰もができた石器作り~石器製作技術展~』(※完売しました)
H.19.8 1,000円 49頁
文化財住宅のしおり
H.20.10 50円 24頁
赤糸威鎧報告書(復刻版)
H.21.1 2,000円 148頁
青梅市史(上下)
H.7.10 13,000円
(上)1,081頁
(下)1,234頁
市史史料集56号 皇国地誌・西多摩郡村誌(下)
H.23.1 1,700円 353頁
「皇国地誌」は明治時代初期に政府の命令により日本各地で編さんされた地誌で、青梅市域でも各地域の地理や歴史などさまざまな事柄について事細かな調査が行われ、「西多摩郡村誌」として編さんされました。
青梅市郷土博物館では、長らく絶版となっていた「皇国地誌・西多摩郡村誌」を復刻し、販売しています。

ポストカード
H.24.3 200円(10枚1セット)
企画展「幕末青梅」図録 ※完売しました H.24.6 500円 34頁 ※完売
企画展「戦国時代の青梅」図録 ※完売しました
H.26.4
H.28.1
900円 44頁 ※完売
特別展「青梅線開通120周年」図録 ※完売しました
H.26.10 1,500円 116頁 ※完売
※郵送にて購入を希望される方は、お手数ですが青梅市郷土博物館までお問い合わせください。

東京都三多摩公立博物館協議会とは加盟館リスト

このサイトは、財団法人東京市町村自治調査会の多摩・島しょ広域連携活動助成金を受けて制作いたしました。
各加盟館の提供情報については各加盟館までお問い合わせください。
Copyright ©2011 東京都三多摩公立博物館協議会 All Rights Reserved.