小金井市文化財センター

 当館は作家下村湖人が青年団講習所の所長として講習生と語らい、小説『次郎物語』の構想を練った浴恩館を改修して資料館としたものです。市内の考古資料・古文書・民具をもとに、小金井市のあゆみや生活について常設展示しています。

浴恩館のあゆみ

 浴恩館は昭和3年、京都御所で行われた昭和天皇即位大嘗祭の神職の更衣所を、(財)日本青年館が譲り受けて移築したものです。昭和6年から全国の青年団の指導者層が集まり、寝食を共にして人間形成をする講習所として機能しました。
 日本青年館の設立理事であり、「青年の父」と謳われた田澤義鋪(たざわよしはる)は、昭和8年、故郷佐賀の後輩で無二の畏友、下村湖人(しもむらこじん)を、浴恩館に開かれた青年団講習所の所長として呼び寄せ、実践教育に当たらせました。
 しかし、全国から有為の青年が集まる浴恩館は、軍事教練に格好の場として軍部に目を付けられました。『次郎物語』も雑誌連載中止にまで追い込まれた湖人は、昭和12年に講習所所長を辞任、以後、浴恩館は戦時体制に組み込まれます。
 戦後、再び青年教育の場、或いはユースホステルとして復興を果たしますが、時代は高度成長期に突入し、農村社会を支えていた青年団が自然消滅していきます。維持困難に陥った日本青年館は、教育の場として運用することを条件に、昭和48年に小金井市に売却、小金井市は青少年センターとして開館、平成5年には室内を抜本的に改装し、小金井市の郷土資料を展示収蔵する文化財センターとして、新たに開館しました。

所在地 小金井市緑町3-2-37(浴恩館公園内)
TEL 042-383-1198
ホームページ http://www.city.koganei.lg.jp/kankobunka/bunkazai/bunkazaisenta.html
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)
12/29~1/3
館内整備のための臨時休館日
開館時間 9:00~16:30
交通アクセス JR中央線「武蔵小金井駅」北口からココバス北東部循環⑬「小金井公園入口」下車 徒歩5分
開館年月日 平成5年6月6日
入館料 無料
地図

館のイチオシ

埋甕(市指定有形文化財)


 縄文中期後半の加曽利E2式前半期のものです。埋甕(うめがめ)1・2は住居址の床面に掘られた穴の中に口縁部を下にして、伏せた状態で埋められており、幼児埋葬等の風習と見られています。1は底部のほぼ中心に直径2cmの穿孔があり、ほぼ無傷の優品です。
 これらは、武蔵野台地における縄文時代中期後半の加曽利E2式期の標準資料として貴重なものです。


金井観花詩歌図巻 (市指定有形文化財)


 文政9年(1826)3月、越前丸岡(現福井県坂井市丸岡町)藩主有馬誉純(ありまなずみ)が、二男純佑及び家臣等を伴い、江戸宇田川町(港区新橋六丁目)の別邸より騎馬で小金井に遠乗り、花見をした時のもので、紀行文・絵画・詩歌の詠草を集めて一巻としたものです。巻頭に純佑筆の「金井観花」の題字に続き、誉純による自筆の紀行文があります。絵画は小金井橋を中心とした桜並木の風景画で、絵の終わりに誉純の題歌があり、巻末に家臣等が詠んだ漢詩文16編、侍女等の和歌22首の詠草を載せています。文人大名家の文芸奨励の一端を示すもので、武家の花見風俗や文学的水準の高さを表す貴重な作品です。


小金井桜樹碑拓本 (市指定有形文化財)


 小金井桜の起源を記した初出である小金井桜樹碑は、文化7年(1810)、海岸寺(現小平市御幸町)門前に建立されました。碑文は多摩郡清水村(現東大和市)出身の漢学者大久保狭南(おおくぼきょうなん)の撰文によるものです。「金井観花詩歌図巻」の紀行文に佐野肥前守から有馬誉純(ありまなずみ)に贈られたものとあり、金井観花詩歌図巻と一対をなすものです。碑が建立された当時に摺られた、極めて保存状態の良い拓本です。


国産ミショー型自転車(市登録有形民俗文化財)

国産ミショー型自転車
国産ミショー型自転車

 日本に居住した外国人が乗っていたミショー型自転車を、明治10~20年頃に、日本の鍛冶職人が見様見真似で作ったものです。フレームは鉄を叩いて製作したので平たく、車輪は木材のスポークに鉄輪をはめています。日本人向けのため、大きさは外国製に較べて小さくしてあります。乗り心地が悪いために「がたくり」などと呼ばれました。
 詳らかな由来は不明ですが、貫井村の平井武左衛門氏が購入し、乗っていたものと思われます。現存する国産ミショー型は20台足らずであり、希少な資料です。


タイトル 説明
写真でたどる 昭和の小金井 500円
パソコンで見る昭和の小金井の風景写真集。
小金井市の地図上から見たい地点をクリックすると、その地点の写真がポップアップします。
写真でみる わたしたちのまち小金井  700円
小金井市の歴史や文化財、市内の風景等について、写真と文で紹介した冊子です。
小金井市の歴史散歩  100円
小金井市内の文化財や歴史について、散策コース別に写真と文でコンパクトにまとめた冊子です。
小金井市史 資料編 小金井桜 2,400円
江戸時代から戦前までの名勝小金井(サクラ)
の文献資料を網羅した冊子です。
名勝小金井桜絵巻  700円
名勝小金井(サクラ)の江戸時代から現代までの歴史を、錦絵・紀行文・古写真・絵葉書等の
資料で紹介した冊子です。

東京都三多摩公立博物館協議会とは加盟館リスト

このサイトは、財団法人東京市町村自治調査会の多摩・島しょ広域連携活動助成金を受けて制作いたしました。
各加盟館の提供情報については各加盟館までお問い合わせください。
Copyright ©2011 東京都三多摩公立博物館協議会 All Rights Reserved.