くにたち郷土文化館

郷土文化館のテーマ

1.基本的イメージ

国立のもつイメージとして、“緑と文化とふれあい(Green-Culture-Community)”をもとにした「文教都市くにたち」が定着しています。
これは、永い歴史を経て現在の国立ができあがる過程で、豊かな自然と景観が残されてきた結果です。こうした貴重な文化を保存し、後世に伝え、さらに発展させるために、くにたち郷土文化館は建設されました。
国立のシンボルであり、生涯学習の場でもある郷土文化館のイメージは、「過去・現在・未来を結び」、「歴史・文化・自然の調和」する場であるとともに、「人ともの、人と人が出会い」、人々が「驚き・不思議・おもしろさ」のなかに引き込まれていくような場としてゆきたいと考えています。

2.基本的な役割

市民が集い、そして市民とともに作り上げる施設です。

(1)郷土の歴史と自然、文化を多くの市民に伝え、次代の人々に継承する博物館の機能。

(2)歴史的な資料、遺物を一方的に展示するだけでなく、来館者が国立市の歴史や風土を感じ、何かに気付き、自分で考え、さらには問題を深めたり、グループづくりをしながら積極的に参加していけるような場。

(3)展示の工夫、さまざまなイベント等を実施し、来館者が未知の物と出会い、驚いたり、不思議に思ったり、面白がったりしながら、過去・現在・未来と出会う場。

(4)展示・発表機能を充実させるためにも市民の協力を得ながら、考古・歴史・民俗・美術・自然などの調査・研究を重視する。また、それらを広く教育普及していく。

(5)これからの生涯学習社会を展望し、市内・市外の教育機関、市民、各種団体との連携、協力を図りながら、文教都市くにたちのシンボルとしての機能を果たす。

常設展示

常設展示室及びエントランスホールにおいての展示は、「過去・現在・未来を結ぶ―多摩川が育んだ段丘(ハケ)とともに生きる私たち―」というテーマのもと、資料や解説によって、国立市域について概観しています。構成は6つのゾーンに分けられています。
※展示内容は変更することがあります。

武蔵野庭園・歴史庭園・伝承庭園

当館の敷地内には3つの庭園があり、それぞれ「武蔵野庭園」「歴史庭園」「伝承庭園」と呼ばれています。
各庭園には豊かな自然が残り、晴れた日にはお弁当を広げる人の姿も見られ、来館者の憩いの場となっています。また、年間の様々な行事の会場としても利用され、コンサートや発表会、市内の小学生を対象とした「民具案内」なども行われています。
所在地 国立市谷保6231
TEL 042-576-0211
FAX 042-576-0216
Eメール
ホームページ http://www.kuzaidan.com/province/
定休日 毎月第2・第4木曜日(祝日の場合は開館し、翌日を休館)、12月29日~1月3日、
別に国立市教育委員会が定める日
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
交通アクセス ■JR南武線 矢川駅 下車 徒歩8分
■JR中央線 国立駅から「国立操車場」または「国立泉団地」行きバスで「くにたち郷土文化館」下車 徒歩1分
駐車場 6台 駐車場は無料ですが満車の場合もございますので、公共交通機関のご利用をお願いいたします。
開館年月日 平成6年11月16日
観覧料 常設展示は無料(企画展、特別展については別途設定)
管理者 公益財団法人くにたち文化・スポーツ振興財団
地図

トピックス

「くにたち あの日、あの頃-写真に見る少し昔のくにたち-」展


国立市市制施行50周年を記念した写真集刊行を記念して、写真集掲載の中から選出した24作品をご紹介する春季写真展を開催します。会期中の5月28日(日)には、写真集の作成にご協力いただいた「国立まなびあるきの会」の皆さんから、写真集刊行にいたるまでの“現場の声”を直接語っていただく、座談会「写真集編さんウラ話-まちの歴史を訪ねて-」も開催いたします(4/25 10:00~電話申込み開始)。ご観覧・ご参加をお待ちしております。
春季写真展:http://www.kuzaidan.com/province/e/?3439
関連イベント:http://www.kuzaidan.com/province/e/?3440


館のイチオシ

緑川東遺跡出土 石棒


平成24年に出土した、4本の大形石棒です。

石棒は、縄文時代の磨製石器の一種で、子孫の繁栄や豊かな実りを祈願する「まつりごと」に関係する道具ではないかと考えられています。

通常石棒は、被熱していたり、破損している事例が多いのですが、本石棒はほぼ完形のものが、敷石遺構内に4本並べ置かれた状態で出土しています。


国立市指定有形文化財 顔面把手付土器(南養寺遺跡出土)

国立市指定有形文化財 顔面把手付土器(南養寺遺跡出土)
国立市指定有形文化財 顔面把手付土器(南養寺遺跡出土)
顔面把手付土器 拡大
顔面把手付土器 裏面
顔面把手付土器 拡大

南養寺遺跡は主に縄文時代中期(今から約5000年~4000年前)の集落遺跡が発見されている遺跡です。この顔面把手付土器は昭和34(1959)年、考古学者の甲野勇氏が発掘指導して、国立町立第一中学校の生徒が堀出したものです。この時期に多い顔面把手付土器は、そのほとんどが顔を土器の内側に向けているのですが、この土器は内側の顔は三日月のような眉の下にまるい目があるだけで、非常に簡単な作りをしています。反対に外側の顔はややつり上がった楕円の目と、眉がつながった三角形にとがる鼻があり、また鼻の孔は写実的に作られています。さらに左右に広がった隆起線の先には三本の指のようなものが表現されています。
(くにたち郷土文化館常設展示室で展示中)


タイトル 刊行年 説明
くにたち あの日、あの頃-写真に見る少し昔のくにたち-
2017年3月31日 155ページ
2,000円
町役場の時代より蓄積された写真の中から、高度経済成長期と呼ばれる時代のくにたちを紹介した写真集。
谷保の歌が聞こえる~歌と共にみる村の暮らし~
2013年10月26日 600円
谷保に伝わる歌と共に村の暮らしを振り返ります。
ハケ展~くにたちの河岸段丘~
2012年10月19日 45ページ
600円
くにたちの河岸段丘の成り立ちと、段丘とともに暮らしてきた人々の生活について紹介。
関頑亭 ~谷保から国立へ~
2011年10月8日 63ページ
1,500円
芸術家関頑亭の少年時代の郷土の風景画から脱活乾漆技法を用いた仏像など彫刻作品を紹介。
学園都市開発と幻の鉄道 -激動の時代に生まれた国立大学町-
2010年10月8日 72ページ
700円
大正から昭和にかけて開発された学園都市くにたちの歴史を「交通」などの資料から概観
水車の時代 -くらしと産業を支えた水車の力-
2009年10月24日 600円
谷保の暮らしや産業に大きくかかわっていた水車について概観。
~よく見て 大きく ごしごしと~ 人間国宝三浦小平二展
2008年10月11日 1,500円
市内で暮らした人間国宝三浦小平二氏から寄贈された作品を中心に、三浦氏の創作活動について概観
滝乃川学園 -石井亮一・筆子夫妻の軌跡-
2007年10月6日 1,100円
障害者福祉の先覚者である石井亮一・筆子夫妻を中心に、市内に現存する滝乃川学園について概観
幕末から自由の権へ -本田家の人々が見た時代-
2006年10月28日 1,300円
市内本田家の幕末から維新にかけての活躍や交友関係などを概観。
人間国宝 三浦小平二展 -青磁の世界-
2003年4月30日 市内在住の青磁作家三浦小平ニの作品集
甲野資料目録Ⅰ A.書籍・文献(くにたち郷土文化館資料目録 第1集)
2002年7月31日 600円
国立に住んだ考古学者甲野勇氏の業績を紹介。
くにたちの年中行事 四季の祈り<秋から冬へ>
2003年1月25日 800円
くらしの中での節目節目の行事のうち秋から冬のものについて考察
くにたちの年中行事 四季の祈り<春から夏へ>
2002年1月26日 800円
くらしの中での節目節目の行事のうち春から夏のものについて考察
まち、ひと、くらし -写真で見るくにたち-
2002年10月26日 800円
明治・大正からの人々のくらしやまちの変化を写真で紹介
府中用水 -移りゆく人と水とのかかわり-
2001年10月27日 800円
江戸時代に開削され、国立から府中へと流れる府中用水を、歴史や自然、環境などから概観。
くにたちの祭り
2001年1月27日 800円
祭りを通して伝統的文化や地域の特質を考察
まちづくり奮戦記 -くにたち文教地区 指定とその後-
2000年10月21日 文教地区指定をめぐる人々の動きとその後の活動の記録
江戸近郊の鋳物師 -谷保村関鋳物師の業績-
2000年2月5日 700円
江戸時代谷保で活動した鋳物師の業績を紹介。
祝い装う -ブルガリア・日本の心-
1998年10月24日 800円
日本とブルガリア両国の祝いの文化について比較・考察
学園都市くにたち -誕生のころ-
1998年5月23日 500円
大学を中心とした住宅地開発の経緯を振り返る
くにたち美術展
1997年11月8日 市内外の芸術家57名の作品集
甲野勇の軌跡
1998年2月7日 国立に住んだ考古学者甲野勇氏の業績を紹介。
まちの喫茶店 -くにたちの商店街づくり・街づくり-
1997年6月1日 400円
商店街のあゆみについて、喫茶店を切り口に考察
人生儀礼の諸相 -誕生・結婚・葬送をめぐる人々-
1997年1月25日 地域社会の中での「儀礼」について考察
国立の遺跡 -最近の発掘調査とその成果-
1996年2月23日 400円
市内の各遺跡の調査成果を紹介。
描かれた国立 -まち、人、自然-
1995年11月17日 1,500円
市内外の芸術家57名の作品集。
苦難の日々も -国立の戦中・戦後をふりかえる-
1995年8月10日 400円
忘れてはならない戦中・戦後の庶民のくらしを記録。
      ◎ ◎ 研究紀要 ◎ ◎
くにたち郷土文化館 研究紀要 第1号
1996年4月20日 1,000円
くにたち郷土文化館 研究紀要 第2号
2000年1月11日 800円
くにたち郷土文化館 研究紀要 第3号
2001年3月26日 800円
くにたち郷土文化館 研究紀要 第4号
2002年3月27日 900円
くにたち郷土文化館 研究紀要 第5号
2003年3月26日 900円
くにたち郷土文化館 研究紀要 第6号
2015年3月18日 900円
くにたち郷土文化館 研究紀要 第7号
2016年1月18日 1,000円
くにたち郷土文化館 研究紀要 第8号
2017年3月25日 1,000円

東京都三多摩公立博物館協議会とは加盟館リスト

このサイトは、財団法人東京市町村自治調査会の多摩・島しょ広域連携活動助成金を受けて制作いたしました。
各加盟館の提供情報については各加盟館までお問い合わせください。
Copyright ©2011 東京都三多摩公立博物館協議会 All Rights Reserved.