パルテノン多摩歴史ミュージアム

歴史ミュージアムについて

歴史ミュージアムは、「多摩の自然とくらし」をテーマとした旧「常設展示室」をリニューアルし、2000年3月15日にオープンしました。「多摩丘陵の開発のあゆみを探る」をテーマに、多摩ニュータウンや多摩丘陵の開発の歴史について展示しています。
多摩市で唯一の郷土博物館機能を有する施設として地域文化の向上に貢献するために、地域文化の掘り起こしに努め、研究成果を社会に発信していくとともに、地域の人々が地域を知り学んでいく際の拠点となることを目指しています。
展示事業では、年間1回の特別展、年間3回の企画展、毎月の季節の展示等を開催。学習支援プログラムでは、歴史・民俗・自然等の分野の各種講座を開催、市民協働プログラムでは各種市民ボランティアの活動、研究成果発信事業では、紀要・資料叢書等出版物の発行、参加体験事業では、おもに子ども向けの体験プログラムを実施しています。

多摩丘陵の開発のはじまり

-開けゆく多摩丘陵-
多摩丘陵に人が住みはじめたのは、旧石器時代といわれている。尖頭器やナイフ形石器とよばれる道具を使い、転々と移動を繰り返す生活を送っていた。
縄文時代になると、狩猟や採集などをおこない、定住をはじめるようになる。縄文人たちは、多摩丘陵の豊かな森林資源に支えられ、比較的安定した生活を送っていた。
そのころから次第に丘陵地が切り開かれるようになり、府中に武蔵国の国府が開かれると、さらに開発が進んでいく。


-武蔵国府と鎌倉街道-
鎌倉に幕府が開かれると、政治・経済の中心である鎌倉から、武蔵国の国府があった府中を経て信濃や下野に通じる鎌倉街道は、大きなにぎわいをみせた。
鎌倉街道沿いの関戸には、関所や伝馬などの交通施設が設置され、交通の要衝となるとともに、軍事的な拠点にもなった。
鎌倉街道が横切る多摩川の河川敷では、鎌倉を守ろうとする勢力と、北側から侵攻しようとする勢力がたびたびぶつかり、戦場となっている。


-江戸時代の多摩丘陵-
江戸時代には、政治・経済の中心が江戸に移っていったために、甲州街道を中心とする東西方向の交通路が発達し、鎌倉街道の役割も次第に薄れていった。
宿場がある関戸をのぞけば純農村としての風景が広がっていたが、江戸を中心とした経済圏が発達してくると、このあたりの農村にも貨幣経済が浸透するようになる。農民の中には経済的に裕福な階層が生まれ、文化的な関心も高まっていく。

近代化と多摩丘陵

−近代化の進展−

明治時代に入ると、近代化の影響で、政治・経済をはじめ生活環境も大きく変化していった。大正14年(1925)に府中・東八王子間の玉南鉄道が開通し、さらに電気がひかれるようになると、人々の生活にも近代化の波が押し寄せた。
大正期には、多摩丘陵の観光資源を新たに開拓しようという気運が高まった。とくに多摩村では、明治天皇行幸の舞台となった連光寺一帯を、明治天皇の「聖蹟」として保存、顕彰しようとする動きも起きている。


−都市化への道−

太平洋戦争を経て、高度経済成長へいたる時期は、多摩丘陵にとって、都市化への道のりでもあった。敗戦の影響を残しながらも、着実に新しい時代へと歩みはじめていった。
東京都心部へのおびただしい人口集中の影響を受けて、1960年代になると、多摩地域の人口も急激に増加するようになった。また、丘陵地を切り開いて住宅やゴルフ場などがあいついで建設され、多摩丘陵一帯の開発が急速に進行するようになる。

多摩ニュータウンの誕生

−ニュータウン計画の出現−

昭和40年(1965)、多摩ニュータウンの計画が正式に決まった。多摩丘陵一帯の多摩町・八王子市・稲城町・町田市の4市町にまたがる約3,000haもの広大な土地を造成して、約30万人を住まわせようとする壮大な計画だった。
多摩ニュータウン計画は、東京都心部の住宅難の解消と多摩丘陵の乱開発の防止をおもなねらいとして構想されたものだった。その結果、多摩丘陵の様相を大きく変えることになった。


−「開発」と地域社会−

都市近郊農業が行き詰まっていく中で、地元側では当初、多摩ニュータウンの計画を歓迎する立場をとっていた。
しかしその後、日本住宅公団や東京都によって用地買収が開始されるようになると、住民の多くは開発に対して反対するようになっていった。それは、土地の買収に応じなければ土地収用法が適用されて強制的に収容されることや、土地価格の単価には交渉の余地がないこと、補償や生活再建の対策が具体的に示されていないことなどが次第に明らかになっていったからだった。

変わりゆく多摩ニュータウン

−「陸の孤島」−
 昭和46年(1971)3月26日、多摩ニュータウンの諏訪・永山地区で待望の第一次入居の日を迎えた。入居初日から数日間は、引越しのトラックが列をなし、まさに“引越しラッシュ”の状態が続いた。
 造成のただ中での出発だったため、団地のまわりは赤土がむき出しの地面で、舞い上がる土ぼこりの中での生活を余儀なくされた。
 電車やバスなど、交通の整備も遅れ、団地の中で不便な生活を強いられた。「陸の孤島」などとよばれ、マスコミをにぎわせたのもこのころである。


−「開発」をめぐって−
 昭和46 (1971)年の多摩ニュータウン第一次入居以降、新生活への期待を抱いて多くの人々が入居してきた。しかし、住環境が十分に整っていないなかでの出発だったため、新しい生活をしていくうえで多くの問題に直面した。
 こうした問題に対して、ニュータウン住民たちはさまざまな形で住民運動を展開し、自分たちの力で市民文化を創造することによって乗り切ろうとした。これは、ニュータウン住民による「開発」への問いかけでもあった。
所在地 多摩市落合2-35パルテノン多摩2F
TEL 042-375-1414
Eメール
ホームページ http://www.parthenon.or.jp/museum/
定休日 施設点検のため毎月2-3日間、および年末年始(12月29日~1月3日)
開館時間 10:00~18:00
交通アクセス 京王相模原線・小田急多摩線・多摩モノレール 「多摩センター駅」下車 徒歩5分
駐車場 200台 (パルテノン多摩 東駐車場 約100台、パルテノン多摩 西駐車場 約100台)
7:00~23:30(有料)
開館年月日 昭和62年10月31日
入場料 無料
刊行物通信販売 当館刊行物は下記通信販売ページから購入できます。
http://www.parthenon.or.jp/goods/index.html
地図

トピックス

パルテノン多摩歴史ミュージアム企画コーナー展示「作ってみよう!多摩ニュータウン」


みんなが住んでいる多摩ニュータウン。どんな人が住み、どんな工夫がされているのかな。みんなで展示を作って、多摩ニュータウンのことをもっと知ろう!
キッズファクトリーで住宅模型(ペーパークラフト)を作って、展示してみよう!
~みんなで模型やお雑煮調査に参加する、来館者参加型の展示です。お気軽にお越しください~

※ペーパークラフトは、4階のキッズファクトリーが開いている日(※)はキッズファクトリーで、閉まっている日は歴史ミュージアム入口で作れます。
※土曜日12:30~16:00、日曜日11:00~16:00、7月と8月は木曜日と金曜日の11:00~16:00も開いています。

http://www.parthenon.or.jp/rekishi/3116.html


東京都三多摩公立博物館協議会・国文学研究資料館3研究グループ シンポジウム「多摩地域の博物館・資料館・美術館における防災と地域連携」


平成23年(2011)に東日本大震災が起こって以降、各地の博物館・資料館・美術館(以下、「博物館等」と略す)において防災に向けての取り組みが始まっています。
 災害時に博物館等が収蔵品や地域の文化財を守る役割を果たすためには、平時から、「資料のリスト化」「防災マニュアルの策定」「基礎的な知識の獲得」「ネットワークの構築」などに取り組んでおくことが重要です。
 多摩地域には多くの博物館等があります。立川断層をはじめとするリスクを抱えた多摩地域において、さまざまな収蔵品をかかえる博物館等が互いの情報を知り、収蔵品や、地域の文化財を守るため知恵を出し合う場を設けることは、極めて重要なことではないでしょうか。
 そこで、本シンポジウムを開催し、博物館相互の情報共有をおこなうことで、災害・防災への知識を深め、各関係者が連携していくためのきっかけ作りをおこないたいと思います。

《日 時》平成26年10月30日(木) 13時~17時
《会 場》国文学研究資料館大会議室(立川市緑町10-3)
《定 員》120名
《参加費》無料
《対 象》多摩地域や博物館等にかかわる方(個人・行政・大学関係者含む)
《内 容》「多摩地域の地震と地盤災害―立川断層帯と首都直下地震の最新情報―」
       :鈴木毅彦氏(首都大学東京都市環境学部地理環境コース教授)
     「民間所在資料の保全、過去・現在・未来」
       :西村慎太郎氏(国文学研究資料館准教授)
     「多摩の学芸員が関わっている文化財レスキュー―栄村における地域史料保全有志の会の事例から―」
       :高橋健樹氏(武蔵村山市立歴史民俗資料館学芸員)・安齋順子氏(くにたち郷土文化館学芸員)
     「静岡県博物館協会の防災への取組」
       :新田建史氏(静岡県博物館協会事務局員)
      パネルディスカッション
       :コーディネーター 青木睦氏(国文学研究資料館准教授)

《お申込み》以下のお申込みフォームよりお願いいたします。
 https://asp.jcity.co.jp/FORM/?UserID=par&formid=332

《主 催》東京都三多摩公立博物館協議会・国文学研究資料館3研究グループ(※)
(※)①基幹研究「民間アーカイブズの保存活用システム構築に関する基礎研究」(代表・大友一雄)、②人間文化研究機構連携研究「大規模災害と人間文化研究」のうち「大震災後における文書資料の保全と活用に関する研究」(代表・西村慎太郎)、③同「東日本大震災における被災紙資料の保存と活用に関するソリューション研究」(代表・青木睦)


【パルテノン多摩】資料叢書『富沢家日記』販売中


このたびパルテノン多摩では、連光寺村(現・多摩市連光寺)の名主・富沢家の日記(人間文化研究機構 国文学研究資料館所蔵)を翻刻した資料集を刊行しました。

パルテノン多摩古文書解読ボランティアの解読成果のうち天保14年(1843)~弘化5年(1848)までを活字化しました。調布玉川惣画図の下絵を描いた関戸村の相沢伴主との交流など、連光寺村をとりまく当時のようすが克明に記録されています。

以下のHPでもご注文いただけます。(銀行振込前払)
http://www.parthenon.or.jp/goods/book/docu05.html


企画展「地域を彩る盆踊り」開催!


盆踊とは、お盆の時期に行われる踊りのことで、元々はお盆に招いた霊をなぐさめ、供養するために行ったと伝わっています。しかし、近年は本来の意味合いが薄れ、芸能色や娯楽色が濃い盆踊りも多くあります。多摩市域で行われる場合もこのような傾向がありますが、盆踊りは地域において、どのような役割を果たしてきたのでしょうか。本展示では、多摩ニュータウン開発の前後に注目し、多摩市域における盆踊りについて考えます。
(1)盆行事と盆踊り (2)多摩ニュータウン開発前の盆踊り (3)自治組織と盆踊り (4)多摩センターの盆踊り


「航空斜写真絵葉書」を販売開始しました!


平成24年度に撮影した航空斜写真が絵葉書になりました。
「多摩ニュータウン編」「多摩市内編」の2セット(各6枚組)で、1セット400円です。
身近な風景を、空から見てみませんか。
http://www.parthenon.or.jp/goods/postcard/card08.html


展示図録「街から子どもがやってきた~戦時下の多摩と学童疎開~」好評販売中!


2012年7月に実施した企画展「街から子どもがやってきた~戦時下の多摩と学童疎開~」の展示図録を販売しています。
多摩村の吉祥院・大福寺・高蔵院、稲城村の常楽寺・高勝寺・宝蔵院・妙見寺・妙覚寺・威光寺に学童集団疎開した品川区の東京都山中国民学校の子どもたちの姿を聞き取り調査や写真などをもとにまとめ、展示を契機に新たに判明した逸話なども追加しました。
*HPの買い物かご(http://www.parthenon.or.jp/goods/book/hist33.html)からも購入(銀行振込先払)できますので、御利用ください。


『新・多摩丘陵自然ふれあい散歩道』好評販売中!


今年度、刊行した『新・多摩丘陵自然ふれあい散歩道』、近隣書店の「今週の1位」になるなど、大変売れています!

植物観察会の成果をもとに、雑木林や谷戸、河原など、多摩丘陵の自然を満喫できる17のコースを紹介しています。

HPの買い物かごから、お買い求めになれます(銀行振り込み前払い)。
http://www.parthenon.or.jp/goods/book/hist32.html


タイトル 刊行年 説明
みゆきのあと-明治天皇と多摩-(展示図録)
2014年4月 2014年実施の宮内庁宮内公文書館共催展示「みゆきのあと-明治天皇と多摩-」の展示図録です。
【仕様】A4版/162ページ
【定価】1,112円+税
資料叢書「富沢家日記-天保十四年~弘化五年-」
2013年3月 連光寺村(現・多摩市連光寺)の名主・富沢家の日記(人間文化研究機構 国文学研究資料館所蔵)を翻刻した資料集です。パルテノン多摩古文書解読ボランティアの解読成果のうち天保14年(1843)~弘化5年(1848)までを活字化しました。相沢伴主との交流など、連光寺村をとりまく当時のようすが克明に記録されています。
【仕様】A4版/170ページ
【定価】1,000円(税込)
街から子どもがやってきた~戦時下の多摩と学童疎開~
2013年1月 2012年7月に実施した企画展「街から子どもがやってきた~戦時下の多摩と学童疎開~」の展示図録です。多摩村の吉祥院・大福寺・高蔵院、稲城村の常楽寺・高勝寺・宝蔵院・妙見寺・妙覚寺・威光寺に学童集団疎開した品川区の東京都山中国民学校の子どもたちの姿を聞き取り調査や写真などをもとにまとめました。(会期:2012年7月13日~2012年11月12日)
【仕様】A4版/50ページ
【定価】400円(税込)
新 多摩丘陵自然ふれあい散歩道
2012年10月 1994年発行の『多摩丘陵自然ふれあい散歩道』から、内容を刷新しました。植物観察会の成果をもとに、雑木林や谷戸、河原など、多摩丘陵の自然を満喫できる17のコースを紹介しています。
【仕様】A5版/96ページ
【定価】1,260円(税込)
蝶たち、東京にくる(展示図録)
2012年6月 2012年に実施した企画展「蝶たち、東京にくる」の展示図録です(会期:2012年3月16日~7月9日)
【仕様】A5版/44ページ
【定価】400円(税込)
消えた寺が語るもの~多摩市の廃寺と寿徳寺の周辺~(展示図録)
2012年3月 2011年11月に実施した企画展「消えた寺が語るもの~多摩市の廃寺と寿徳寺の周辺~」の展示図録です
(会期:2011年11月18日~2012年3月12日)
【仕様】A5版/94ページ
【定価】600円(税込)
開発を見つめた石仏たち~多摩ニュータウン開発と石仏の移動~(展示図録)
2011年9月 2010年3月に実施した企画展「開発を見つめた石仏たち~多摩ニュータウン開発と石仏の移動~」および石仏調査会ボランティアによる「写真展・多摩の石仏」の展示図録です(会期:2010年3月20日~7月5日)。
【仕様】A5版/54ページ
【定価】500円(税込)
多摩・商店ことはじめ~商店の歴史と多摩ニュータウン~(展示図録)
2011年5月 2011年に実施した特別展「多摩・商店ことはじめ~商店の歴史と多摩ニュータウン~」の展示図録です(会期:2011年3月26日~5月22日)。
【仕様】A4版/94ページ
【定価】800円(税込)
幕末任侠伝~一ノ宮万平とその時代~(展示図録)
2011年4月 2011年実施のパルテノン多摩歴史企画展「幕末任侠伝~一ノ宮万平とその時代~」の展示図録です。 (会期:2011年3月26日~7月4日)
【仕様】A5版/52ページ
【定価】400円(税込)
パルテノン多摩収蔵写真資料集「航空斜写真で見る多摩ニュータウン」
2011年3月 当館が所蔵する「南多摩新都市開発本部関係資料」と「UR都市機構寄贈資料」の内、ヘリコプターなどから撮影された「航空斜写真」を収録した資料集です。航空斜写真の「解読」を助けるものとして、「定点撮影プロジェクト」で整理された多摩ニュータウン開発中に撮影 された地上写真や撮影した新旧比較写真も掲載されています。
【仕様】A4版/108ページ
【定価】1000円(税込)

東京都三多摩公立博物館協議会とは加盟館リスト

このサイトは、財団法人東京市町村自治調査会の多摩・島しょ広域連携活動助成金を受けて制作いたしました。
各加盟館の提供情報については各加盟館までお問い合わせください。
Copyright ©2011 東京都三多摩公立博物館協議会 All Rights Reserved.