HOME > 展示・イベント情報

展示・イベント情報



2013年度秋季企画展「想いでできた土地 多磨全生園の記憶・くらし・望みをめぐる」開催中!


開催日2013年10月5日(土)~2013年12月27日(金)
時間9:30~16:30
会場国立ハンセン病資料館 詳しく
主催国立ハンセン病資料館 詳しく
問い合わせ先

国立ハンセン病資料館
042-396-2909
 当館の隣には国立のハンセン病療養所多磨全生園の広大な敷地が広がっています。そこは入所者のみなさんが、仲間と共に生きてきた過去の記憶を刻み込み、現在のくらしを営み、自分たちがいなくなった後の将来への望みを込めている場所です。敷地の中を歩くと、そうした想いが詰まった場所なのだと気づかせてくれるポイントに、あちらこちらで出会います。まさに、現地が持つ力に触れる瞬間の連続です。
 今回の企画展では、多磨全生園に数多くあるポイントから63カ所をご紹介し、現地が持つ力に触れるための入口をご用意します。しかしあくまでも入口に過ぎませんから、展示を見た後は現地へ行って、過去に園内で生きた方々、今園内にくらす方々の、想いの一端に触れてみてください。そしてその先に、入所者との個人的な人間関係が築かれることを願っています。

☆付帯事業のご案内
 多磨全生園内の現地ガイドツアーを下記の日程で行います。参加希望の方は当日開始時刻までに当館1階ロビーにお集まりください。(各回先着30名様までとさせていただきます。)

日 程: 2013年 10月19日(土)・20日(日)
11月23日(土)・24日(日)
12月14日(土)・15日(日)
全6回(土曜日と日曜日でコースが異なります。)いずれも午後1時より午後3時まで

※ お願い:療養所は入所者の生活空間です。敷地の中ではマナーを守り、建物や庭に勝手に入る、草木を取る、無断で入所者を撮影するなどの行為はおやめください。
トップに戻る
費用・定員・申込方法等
費用
無料
トップに戻る
会場
国立ハンセン病資料館
東村山市青葉町4-1-13
042-396-2909
主催
国立ハンセン病資料館
トップに戻る
多磨全生園のフィールドワークも実施します

東京都三多摩公立博物館協議会とは加盟館リスト

このサイトは、財団法人東京市町村自治調査会の多摩・島しょ広域連携活動助成金を受けて制作いたしました。
各加盟館の提供情報については各加盟館までお問い合わせください。
Copyright ©2011 東京都三多摩公立博物館協議会 All Rights Reserved.