HOME > 清瀬市郷土博物館 > トピックス

トピックス


■ 清瀬市郷土博物館
清瀬市郷土博物館特別展「歩く、描く 谷口ジローと清瀬」

 『歩くひと』、『遥かな町へ』、『神々の山嶺』、『「坊ちゃん」の時代』など多くの作品がヨーロッパ、アジアの20ヵ国以上で翻訳出版されている谷口ジローが清瀬に住んだのは、1976年から2000年までのことでした。漫画家デビュー直後から数々の作品を手がけ、海外での高い評価を得るまでの四半世紀を、谷口ジローは清瀬市で過ごしたのです。清瀬駅近くの仕事場から多くの作品が送り出されました。91年からアトリエは東村山市に移りますが、住まいは変わりません。清瀬時代の後半には、市内のあちこちの風景に取材した名作『歩くひと』や『犬を飼う』などが生まれました。世界中で親しまれる谷口ジロー作品に描かれた東京は、その多くが清瀬市の風景に由来するものなのです。
 本展では、清瀬とその周辺(東村山、所沢、国分寺など)に取材した原画を中心に、谷口ジローの世界に触れていただきたいと思います。

もどる

東京都三多摩公立博物館協議会とは加盟館リスト

このサイトは、財団法人東京市町村自治調査会の多摩・島しょ広域連携活動助成金を受けて制作いたしました。
各加盟館の提供情報については各加盟館までお問い合わせください。
Copyright ©2011 東京都三多摩公立博物館協議会 All Rights Reserved.