HOME > 展示・イベント情報

展示・イベント情報



常盤山文庫と町田市立博物館が語る ― 中国陶磁うつくし ―

~ 常盤山文庫と町田市立博物館の中国陶磁112点を展示します。 ~

このイベントは終了しました
開催日2016年3月12日(土)~2016年5月8日(日)
時間9:00~16:30

休館日:毎週月曜日、ただし3月21日(月・祝)は開館し、翌3月22日(火)は休館
会場町田市立博物館 詳しく
主催町田市立博物館 詳しく
問い合わせ先

町田市立博物館
042-726-1531
日本人は古くから独特の美意識で中国陶磁を鑑賞し、愛してきました。日本における中国陶磁鑑賞の伝統は、世界に高く評価されています。
本展は公益財団法人常盤山文庫と町田市立博物館が、中国陶磁の美しさを味わう豊かなひとときを提供しようと企画しました。
町田市立博物館は1992年に山田義雄氏のご遺族からの東洋陶磁コレクションを寄贈されたことが契機となって、中国陶磁史の全体を見渡せるコレクションを目指してきました。
公益財団法人常盤山文庫は中国陶磁の名品を所蔵し、日本における鑑賞史に着眼した研究活動を展開しています。なかでも白磁と青磁のコレクションはユニークな存在として知られています。両コレクションのなかから選びぬいた87件112点は、ひとつひとつに見所があります。ゆっくりじっくり中国陶磁をお楽しみください。
トップに戻る
プログラム
①【講演会】「常盤山文庫と中国陶磁」(終了しました)
・日時:3月21日(月・祝) 午後2時~3時30分
・講師:佐藤サアラ氏(常盤山文庫主任学芸員、慶應義塾大学教授)
・会場:町田市立博物館 2階講堂
・定員:50名(要予約、町田市イベントダイヤル(電話:042-724-5656)にて、3月1日(火)正午より募集開始(先着順)・要入館料)

②【座談会】「女性研究者たちが語る、中国陶磁うつくし」(定員に達し募集を締め切りました)
・日時:5月1日(日)午後2時から3時30分
・講師:佐藤サアラ氏(常盤山文庫主任学芸員)、長谷川祥子氏(静嘉堂文庫美術館主任学芸員)、三笠景子氏(東京国立博物館研究員)
・会場:町田市立博物館2階講堂
・定員:50名(要予約、町田市イベントダイヤル(電話:042-724-5656)にて、3月1日(火)正午より募集開始・先着順)

③【体験教室】「チャレンジ!!篆刻(てんこく)―My印を作ろう―」
・日時:4月17日(日曜日)午後2時から3時(定員に達し募集を締め切りました)、5月4日(水曜日・祝日)午後2時から3時(募集中)
会場:町田市立博物館2階講堂
協力:宮本博志氏(町田市書道連盟会長)、斉藤千尋氏(町田市書道連盟理事)、四壁透氏(篆刻家)
対象:小学5年生以上
参加費:300円(当日払い)
定員:各回20名(要予約、町田市イベントダイヤル(電話:042-724-5656)にて、3月1日(水曜日)正午より募集開始(先着順)・要入館料)
※申込時に印にしたい漢字1文字を合わせてお申し出ください。

④【ギャラリー・トーク】(展示室での作品解説)
・日時:3月12日(土)、3月20日(日・祝)、4月9日(土)、4月23日(土)、5月3日(火・祝日)、5月5日(木・祝)各回とも午後2時~3時
・会場:町田市立博物館1階展示室
・定員:各回20名(予約不要・要入館料)
・講師:4月9日(土曜日)、5月5日(木曜日・祝日)は佐藤サアラ氏(常盤山文庫主任学芸員)、前記以外は担当学芸員

※町田市立博物館2階講堂へは階段のみでエレベーターはありません。
※なるべく公共交通機関をご利用のうえご来館ください。

【連携事業】「中国陶磁みてあるき2016」
・五島美術館:「中国の陶芸」 2月20日(土曜日)から3月27日(日曜日)(終了しました)

・松岡美術館:「松岡コレクション 中国陶磁 漢から唐まで」展 1月5日(火曜日)から4月16日(土曜日)、
「松岡コレクション 中国陶磁 宋から元まで」 4月26日(火曜日)から9月24日(土曜日)

・東京国立博物館 東洋館:特集展示「中国陶磁の技と美」 3月15日(火曜日)から5月15日(日曜日)
・イベント:月例講演会「中国陶磁の形と色」、講師:町田市立博物館学芸員 矢島律子、日時:4月2日(土曜日)午後1時30分から15時
・問い合わせ先:03-5777-8600(ハローダイヤル)

【関連事業】「東京アートアンティーク2016」
・主催:東京アートアンティーク実行委員会
・会場:日本橋、京橋地域の美術店、ギャラリー
・期間:4月14日(木曜日)から4月16日(土曜日)
・イベント:記念座談会「中国陶磁うつくし」、講師:常盤山文庫主任学芸員 佐藤サアラ、町田市立博物館学芸員 矢島律子、司会:繭山龍泉堂 川島公之氏、日時:4月15日(金曜日)午後6時30分から午後7時30分、会場:コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション4階(東京都中央区京橋2-1-3京橋トラストタワー4階)
・問い合わせ先:info@tokyoartantiques.com
トップに戻る
費用・定員・申込方法等
費用
入館料:高校生以上300円、障がい者150円、中学生以下無料
トップに戻る
会場
町田市立博物館
町田市本町田3562
042-726-1531
主催
町田市立博物館
共催等
特別協力:公益財団法人常盤山文庫  後援:公益社団法人日本陶磁協会
トップに戻る
米色青磁瓶 南宋(12から13世紀) 常盤山文庫所蔵
加彩仕女 前漢(紀元前3から2世紀) 町田市立博物館所蔵
三彩四耳壺・弦文瓶・壺 北斉(6世紀) 常盤山文庫所蔵

東京都三多摩公立博物館協議会とは加盟館リスト

このサイトは、財団法人東京市町村自治調査会の多摩・島しょ広域連携活動助成金を受けて制作いたしました。
各加盟館の提供情報については各加盟館までお問い合わせください。
Copyright ©2011 東京都三多摩公立博物館協議会 All Rights Reserved.