HOME > 展示・イベント情報

展示・イベント情報



国立能楽堂コレクション ―能・狂言の面と装束―

~ 国立能楽堂(東京・千駄ヶ谷)の所蔵品を、能を見たことがない方にもわかりやすく紹介します。 ~

このイベントは終了しました
開催日2015年10月31日(土)~2015年12月20日(日)
時間9:00~16:30

休館日:毎週月曜日[ただし11月23日(月・祝)は開館]、展示替え期間11月24日(火)から27日(金)
会場町田市立博物館 詳しく
主催町田市立博物館 詳しく
問い合わせ先

町田市立博物館
042-726-1531
[前期]10月31日(土曜日)から11月23日(祝日)
[後期]11月28日(土曜日)から12月20日(日曜日)
※前、後期で面と装束は全点展示替えを行います。

「能」と「狂言」をあわせて能楽といいます。能楽は日本の芸能の一つで、舞踊と音楽を中心とした歌舞劇であり、面を着装する仮面劇でもあります。
能や狂言にもちいる面は面(おもて)と呼ばれます。性別や年齢、鬼や霊などの役により面を選択します。また、能や狂言を舞う際に着用する衣装は、装束(しょうぞく)と呼ばれます。面による役の区別のみならず、装束との組み合わせよって登場人物の役や身分をおおまかに知ることができ、能楽の理解が深まります。
本展では、能楽の振興・普及を目的として設立された国立能楽堂(独立行政法人日本芸術文化振興会)が30年以上をかけて調査・収集したコレクションの中から、能・狂言の面と装束を前・後期あわせて約100点紹介します。能楽を鑑賞したことがない方や、能楽に接する機会の少ない方にもわかりやすく、親しみやすく作品をご覧いただきます。
トップに戻る
プログラム
・イベントの申し込み先は、町田市イベントダイヤル(電話:042-724-5656)です。
・イベントにご参加の際は入館券が必要です(高校生以上)。
・町田市立博物館2階講堂へは階段のみでエレベーターはありません。
・なるべく公共交通機関をご利用のうえご来館ください。

①【講演会】「能の出立(いでたち)について」(終了しました)
・日時:11月28日(土曜日) 午後2時から3時30分
・講師:門脇幸惠氏(独立行政法人日本芸術文化振興会)
・会場:町田市立博物館 2階講堂
・定員:60名(要予約)
・申し込み方法:町田市イベントダイヤルにて、11月4日(水曜日)正午より募集開始(先着順)

②【体験講座】「狂言をたのしもう!」
狂言師による狂言入門解説の後、実際に面の着装や舞の体験をします。
・日時:12月13日(日曜日) 午後2時から3時30分
・講師:奥津健太郎氏(能楽狂言方和泉流)
・会場:町田市立博物館2階講堂
・対象:小学生以上(小学生の場合は保護者同伴のこと)
・定員:30名(要予約)
・申し込み方法:町田市イベントダイヤルにて、11月11日(水曜日)正午より募集(先着順)

③【ギャラリー・トーク】
・担当学芸員による展示解説をおこないます。
・日時:11月8日(日曜日)、14日(土曜日)、12月6日(日曜日)、12日(土曜日) 各回午後2時から2時30分
・会場:町田市立博物館1階展示室
・定員:各回20名(予約不要・要入館料)

トップに戻る
費用・定員・申込方法等
費用
入館料:高校生以上300円、障がい者150円、中学生以下無料
トップに戻る
会場
町田市立博物館
町田市本町田3562
042-726-1531
主催
町田市立博物館
共催等
協力:独立行政法人日本芸術文化振興会 国立能楽堂
トップに戻る
能装束・紅白段花筏模様唐織 江戸時代18世紀(前期展示)
能面・小面 江戸時代17世紀(前期展示)
狂言装束・紺地碇繋模様長裃 明治時代19世紀(後期展示)

東京都三多摩公立博物館協議会とは加盟館リスト

このサイトは、財団法人東京市町村自治調査会の多摩・島しょ広域連携活動助成金を受けて制作いたしました。
各加盟館の提供情報については各加盟館までお問い合わせください。
Copyright ©2011 東京都三多摩公立博物館協議会 All Rights Reserved.