HOME > 展示・イベント情報

展示・イベント情報



宮内庁宮内公文書館共催展示「みゆきのあと-明治天皇と多摩-」


開催日2014年4月26日(土)~2014年7月20日(日)
時間10:00~18:00
会場パルテノン多摩歴史ミュージアム 詳しく
主催公益財団法人多摩市文化振興財団・宮内庁宮内公文書館 詳しく
問い合わせ先

パルテノン多摩歴史ミュージアム
042-375-1414
「みゆき」とは天皇が外出することで、「行幸」または「御幸」と書き、「ぎょうこう」とも読みます。明治天皇は、明治14年(1881)2月以来、神奈川県南多摩郡連光寺村(現・東京都多摩市内)に4度にわたって行幸しました。多摩市内には、「聖蹟桜ヶ丘」という駅があり、これは明治天皇の行幸を記念した「多摩聖蹟記念館」が昭和5年(1930)に建設されたことで、昭和12年(1937)に「関戸」駅から改称されたものです。
明治天皇は兎狩や鮎漁天覧のために行幸し、明治15年(1882)には、戦前に存在した皇室専用の狩猟場、「御遊猟場(のち連光寺村御猟場)」が連光寺村を中心とする区域に設定されました。御猟場が廃止される大正6年(1917)までの間、英照皇太后や昭憲皇太后、皇太子嘉仁親王(大正天皇)、皇太子裕仁親王(昭和天皇)も鮎漁などのために行啓しています。
明治天皇の行幸をはじめ、皇族の行啓や御猟場の運営は、地域にとっても宮内省にとっても重要な出来事であり、現在も双方にさまざまな資料が残されています。そこで、本展示は宮内公文書館と共催し、地域に残された資料・宮内公文書館が所蔵する資料の双方を検討することで、明治天皇行幸や御猟場と地域の関わりを紐解きます。
トップに戻る
プログラム
【展示解説日程】
5月17日(土)・5月31日(土)・6月14日(土)・28日(土)・7月12日(土)・7月19日(土)
いずれも14:00より一時間程度
申し込み不要、当日展示室へお越し下さい。開始前にお声かけいたします。
トップに戻る
費用・定員・申込方法等
費用
入場無料
トップに戻る
会場
パルテノン多摩歴史ミュージアム
2F 特別展示室
多摩市落合2-35
042-375-1414
主催
公益財団法人多摩市文化振興財団・宮内庁宮内公文書館
共催
トップに戻る
連光寺村への行幸記事(『幸啓録』より)/宮内公文書館所蔵
明治天皇天杖・由来書/財団法人太古山日長堂所蔵
連光寺村御猟場用書類/富澤家文書・多摩市教育委員会保管

東京都三多摩公立博物館協議会とは加盟館リスト

このサイトは、財団法人東京市町村自治調査会の多摩・島しょ広域連携活動助成金を受けて制作いたしました。
各加盟館の提供情報については各加盟館までお問い合わせください。
Copyright ©2011 東京都三多摩公立博物館協議会 All Rights Reserved.