HOME > 武蔵村山市立歴史民俗資料館 > 展示・イベント情報一覧

展示・イベント情報一覧


■ 武蔵村山市立歴史民俗資料館

開催期間:2018/03/10 ~
 武蔵村山市では、平成19年(2007)7月10日、アジア・太平洋戦争時に市内大南地区に設置されていた東京陸軍少年飛行兵学校の跡地を”市内に軍事施設が存在したことを後世に伝え、世界恒久平和を祈るため”に市文化財「旧跡」として指定しました。
 また戦争当時を伝える記録や道具類をもとに、戦時中の市域や人々の生活の様子などの一端を紹介する武蔵村山市立歴史民俗資料館分館を平成28年(2016)年9月に開館いたしました。
 今回の見学会では、資料館分館を中心に市内南部地区の戦争遺跡を巡ります。


開催期間:2018/02/03 ~ 2018/03/04
 3月3日の“桃の節供”は、五節供の一つ「上巳の節供」です。
 この日は祝日とはされていませんが、女児の健やかな成長を祝う行事として、現在の家庭でもよく見られる光景です。
 今年の年中行事展「桃の節供」では、市民から寄贈された雛人形などの資料を展示し、“桃の節供”の歴史的背景と、市内で行われていた節供の様子、雛人形に描かれた文様などを紹介しています。


開催期間:2018/01/27 ~ 2018/03/31
 武蔵村山市が栄村との姉妹都市を結んでから28年目の今年、企画展「栄村に行こう」も3回目となります。
 今回は「ハレの日の祝膳を再現」と「栄村の郷土料理」、基幹産業の一つである「米づくり」、「栄村の概要」の4つのテーマで展示しています。
 「ハレの日の祝膳を再現」では、村人たちと栄村保全有志の会員で立ち上げた「ハレのお祝い膳のごっつお再現実行委員会」が聞取りした情報を元に再現した様子を紹介し、また「栄村の郷土料理」では、栄村食文化レシピ編集委員会によって刊行された「栄村の食の宝 ばぁのごっつお うんめぇ~のし」から“栄村のハレの日”を中心とした郷土料理をレシピとともに紹介しています。
 


開催期間:2017/05/04 ~ 2017/12/31
 歴史民俗資料館では、市内の昔の暮らしぶりがわかる里山の風景や街並み、人々の服装や食事風景、家の様子、生業や年中行事、子供のあそびなどの写真を募集しています。
 写真は、印刷・デジタル等どんな形式でも構いません。複製をとり、原本はご返却します。
 皆様のご支援、ご協力をお願い致します。

もどる

東京都三多摩公立博物館協議会とは加盟館リスト

このサイトは、財団法人東京市町村自治調査会の多摩・島しょ広域連携活動助成金を受けて制作いたしました。
各加盟館の提供情報については各加盟館までお問い合わせください。
Copyright ©2011 東京都三多摩公立博物館協議会 All Rights Reserved.