HOME > 八王子市郷土資料館 > 展示・イベント情報一覧

展示・イベント情報一覧


■ 八王子市郷土資料館

開催期間:2017/04/01 ~ 2017/05/31
 八王子市郷土資料館は、今から50年前の昭和42年(1967)に開館しました。
 開館当初は約2500点だった収蔵資料は、市民などからの寄付や寄託を受けて今では10万点を超えています。
 今回はこれらの収蔵品の中から、資料館の展示ガイドボランティアさん達と学芸員がおすすめの逸品を選んで展示します。


開催期間:2016/12/24 ~ 2017/01/22
八王子市内で毎年新春に行われる「七福神めぐり」の時期に合わせ、七福神の掛軸や市内旧家所蔵の大黒天像、郷土資料館で所蔵している恵比寿・大黒天像、御札などを展示します。本年度はおめでたい柄の茶筒が初登場です。
 あわせて、エントランスコーナーでは、八王子で作られていただるまをに展示しました。
 年の初めにおめでたいものをたくさんご覧いただき、皆様が良いお年を迎えられれば幸いです。


開催期間:2015/04/21 ~
武田家の滅亡後、八王子に逃れて信松院の開基となった武田信玄の娘、松姫の生涯を紙芝居で分かりやすく説明します。

 【会 場】 八王子市郷土資料館 2階集会室
※申込不要。開催日に直接ご来館ください。


開催期間:2015/04/11 ~ 2016/03/31
 昨年度(平成26年度)中に、八王子市郷土資料館に寄贈された資料の一部を展示します。
 皆様のご来館をお待ちしております。

 【会期】:平成27年4月11日(土)~1年間
   ※年度の途中で一部資料の展示替えを行います。
 【会場】:郷土資料館2階収蔵展コーナー


開催期間:2015/03/28 ~
 メカイ(めかご)とは、篠竹で作る六つ目編みの小型かごです。
 メカイ作りは、江戸時代の文化年間に宇津貫村で始まり、その後由木村へ伝わり、多摩村(現・多摩市)をはじめとする南多摩地域に広がったといわれています。かつては冬の農閑期に様々な大きさや形のメカイが作られ、仲買人によって主に東京方面に出荷されていました。農家の生活を支える大切な副業だったのです。
  今回は、メカイの伝統的な製造を実演してもらいます。この機会に多摩の伝統的な手仕事をぜひご覧ください。

もどる

東京都三多摩公立博物館協議会とは加盟館リスト

このサイトは、財団法人東京市町村自治調査会の多摩・島しょ広域連携活動助成金を受けて制作いたしました。
各加盟館の提供情報については各加盟館までお問い合わせください。
Copyright ©2011 東京都三多摩公立博物館協議会 All Rights Reserved.