HOME > 青梅市郷土博物館 > 展示・イベント情報一覧

展示・イベント情報一覧


■ 青梅市郷土博物館

開催期間:2011/06/25 ~ 2011/08/14
 青梅市郷土博物館では、市民の皆さまからいただいた民具や農具をはじめとする貴重な資料を大切に収蔵・保管し、展示等に活用を図っています。
 今回の展示では、平成21・22年度にいただいた資料の773点の中から、主なものを展示いたしました。
 当館の資料収集活動をご理解いただくとともに、新しく収蔵した資料をご覧ください。


開催期間:2011/06/25 ~
青梅市文化財保護指導員と写真撮影講師の案内のもと、塩船観音寺、東青梅の勝沼城跡等を歩きながら、文化財や沿道の風景を写真におさめるとともに、郷土・青梅に対する知識を深めてみませんか。
写真撮影の初心者の方もふるって応募ください。


開催期間:2011/04/01 ~ 2011/06/19
昭和26(1951)年、青梅町・霞村・調布村が合併し、青梅市が産声をあげました。その後、昭和30(1955)年には吉野村・三田村・成木村・小曾木村の四村と合併し、現在と同じ市域になりました。
そして、平成23年4月1日をもって満60年を迎えました。
この度、郷土博物館では青梅市誕生60年に際して、展示会を企画いたしました。当館で収蔵している資料の中から、青梅市発足より今日に至るまでの資料や写真を展示し、これまでの当市の歩みをご紹介いたします。
市の礎とも言うべき黎明期からの軌跡をたどることで、現在、ひいては、これからの青梅市について考える機会としていただければ幸いです。


開催期間:2011/03/13 ~
青梅市では、法政大学と合同で武蔵御嶽神社およびその神官である各御師家に所蔵されている古文書を長年に渡り調査してきました。
ここで当初から調査に深く関わってきた齋藤愼一氏に古文書から明らかになった御岳山の歴史と文化の一端を話していただきます。



開催期間:2011/02/25 ~ 2011/03/21
小林天渕(1778~1863)は江戸時代の青梅を代表する画家・詩人・俳人のひとりであり、数多くの作品を残しております。
当館でも市の指定有形文化財である「小林天渕画像」をはじめ、多くの天渕作品を収蔵しています。
今回の展示では、平成12年度に開催された特別展「青梅宿の文芸活動―小林天渕を中心に―」以降に、新たに収蔵された天渕作品を含め展示を行ないます。
展示作品をとおして、天渕が青梅の人々に伝えた文化の息吹などを、感じ取っていただければ幸いです。
この機会に是非ご来館ください。




開催期間:2011/01/06 ~ 2011/02/20
平成21年5月に杉並区と青梅市が交流協定を締結したことを記念し、青梅市郷土博物館で企画展「杉並区との絆~青梅街道展~」を開催します。
今回の展示では、青梅街道の今と昔を、関連する絵図や写真を通して感じていただくとともに、青梅街道の成立ちと密接に関わる石灰について展示し、歴史的背景や意義について考える機会とします。


もどる

東京都三多摩公立博物館協議会とは加盟館リスト

このサイトは、財団法人東京市町村自治調査会の多摩・島しょ広域連携活動助成金を受けて制作いたしました。
各加盟館の提供情報については各加盟館までお問い合わせください。
Copyright ©2011 東京都三多摩公立博物館協議会 All Rights Reserved.