HOME > 青梅市郷土博物館 > トピックス

トピックス


■ 青梅市郷土博物館
企画展「青梅の考古学~古代からのおくりもの展~」

「考古学」とは、人類が遺した文化の痕跡を辿り、その活動を研究する学問です。その考古学の分野のひとつに「発掘調査」が挙げられます。青梅市内には、多摩川流域や霞川流域を中心に、181か所の遺跡が存在しており、開発工事等に伴う記録保存を目的として、現在でに多くの発掘調査が行われてきました。
この企画展では、青梅市内において今まで発掘されてきた遺跡や遺物などを紹介します。
これらの展示を通して、青梅が歩んできた考古学について、少しでも知っていただくきっかけになれば幸いです。

【展示会案内】
期間:平成29年10月17日(火)~平成30年1月14日(日)
休館日:月曜日および年末年始(12月29日から1月3日まで)。ただし、1月8日(月)は祝日のため開館し、翌9日(火)が休館日となります。
会場:青梅市郷土博物館企画展示室
住所:青梅市駒木町1-684
電話:0428-23-6859
開館時間:午前9時~午後5時
入館料:無料
アクセス:JR青梅線「青梅駅」下車徒歩約15分
HP:http://www.ome-tky.ed.jp/kyodo/ome_no_koukogaku.html

もどる

東京都三多摩公立博物館協議会とは加盟館リスト

このサイトは、財団法人東京市町村自治調査会の多摩・島しょ広域連携活動助成金を受けて制作いたしました。
各加盟館の提供情報については各加盟館までお問い合わせください。
Copyright ©2011 東京都三多摩公立博物館協議会 All Rights Reserved.