HOME > 小金井市文化財センター > トピックス

トピックス


■ 小金井市文化財センター
『次郎物語』第五部と永田鉄山

 下村湖人(1884~1955)の代表作『次郎物語』の第一部は、湖人の故郷佐賀における少年時代の体験に基づく小説で、多くの映画やラジオ・テレビドラマの原作となり、湖人を一躍有名にしました。湖人は第一部以降も『次郎物語』を書き続けましたが、最後の第五部で物語は未完のまま没しています。湖人は晩年、弟子の吉田嗣延(1910~1989)を主人公次郎のモデルにして、沖縄を舞台に第六部の構想を練っていました。戦後にいち早く一般向けの読み物で、沖縄問題を問おうとした湖人の思いが窺えます。
 最後の『次郎物語』となってしまった第五部は、次郎が二十歳の頃の話です。舞台となっている友愛塾は、湖人が昭和8年から12年まで青年団講習所の所長を務めた当館の前身である浴恩館をモデルにしています。湖人の弟子で『下村湖人伝』の著者でもある永杉喜輔(1909~2008)は、第五部は第一部と並んで最もノンフィクションに近いと指摘しています。次郎の思い人道江は別として、その登場人物の多くには実在のモデルがおり、政治的見解が異なる人物を多数抱え込んでいた当時の日本青年館の状況をそのままに反映しています。
 次郎のモデルは第一部では湖人自身でしたが、第五部では湖人の青年団講習所時代の助手を務めた五百蔵辛碌(いおろいしんろく)です。特に次郎が塾生に体操の指導をする場面、あるいは塾生の歌や踊りに合わせてオルガンの伴奏をする場面は、五百蔵がモデルです。次郎を見守る朝倉先生のモデルは第五部では湖人自身で、朝倉先生を信任し友愛塾を設立した田沼氏のモデルは、言うまでもなく日本青年館の実質的設立者で「青年の父」と謳われた田澤義鋪(1885~1944)です。
 この三人の主要人物の敵役として登場するのが、荒田老と平木中佐です。荒田老のモデル、志賀直方(1879~1937)は志賀直哉の叔父に当たり、日本青年館初代理事長を務めた近衛文麿のスポンサーで、陸軍皇道派の後ろ盾となった人物です。平木中佐のモデル、鈴木貞一(1888~1989)は東條英機の側近で、「最後のA級戦犯」として名高い人物です。二人は浴恩館に、湖人が就任する以前の竣工当初から関わっていました。
 さて、湖人の浴恩館時代、国内の最も大きな事件といえば、昭和11年の二・二六事件でしょう。第五部の後半「九 異変(Ⅰ)」以降は、専ら二・二六事件とその影響下にある登場人物の動静が描かれています。昭和11年2月26日朝、浴恩館にいた湖人は新宿の自宅と日本青年館から電話を受け、初めて事件を知ったのですが、物語中では次郎が電話で事件を知り、それを朝倉先生に伝える設定になっています。しばし愕然とした朝倉先生は、次郎に陸軍内部の派閥争いについて教え諭すため、手始めに二・二六事件の前触れとなった前年の相沢事件(永田鉄山斬殺事件)を採り上げています。

「去年の八月だったか、永田鉄山中将が、軍務局長室で相沢中佐に暗殺された事件があったね、覚えているだろう。」
「ええ、覚えていますとも。まだ裁判はすんでいないでしょう。」
「あれなんかも、陸軍の派閥争いの一つの犠牲だよ。裁判がややこしくなるのも無理はない。」
 朝倉先生は、それから、陸軍内部の近年の動きについて、あらましの説明をしてきかせたが、それによると、全陸軍の主脳部が統制派と皇道派の二派にわかれて、醜い勢力争いをやっている、というのであった。
下村湖人『次郎物語』第五部より

 これを読んだ限りでは、昭和10年8月12日、陸軍統制派の中心人物である永田鉄山(1884~1935)が皇道派の下士官相沢三郎中佐に斬り殺された事件を、第三者の視点で話題にしているだけに読み取れます。しかしながら、実は永田鉄山は渋谷区松濤の本宅とは別に、浴恩館の西(現在の小金井市緑町3-4-18・19)に別邸を建てて、普段は妹の永田壽美(1890~1965)に管理を任せていました。永田鉄山が亡くなった翌年の昭和11年2月28日、つまり二・二六事件の二日後には、後妻の永田重(1902~?)が渋谷から三人の子供を引き連れて、この別邸に移り住んでいます。世間の同情を引いた重は、小金井転居後、新聞記者のインタビューに次のように答えています。

「この土地は主人も生前大変好きな場所でした。日曜ごとに子供たちを連れてはこの辺りを散歩し、隠居したらここで百姓をするんだなどと言って笑わせたものです。それにこの近所には主人の妹(永田すみさん)も以前からお住まいなので私共もここへ移って参りましたようなわけです。」
昭和11年5月10日 読売新聞朝刊

 湖人と永田鉄山が直接に交流のあったことを示す記録はありませんが、浴恩館の西隣に居を構え近辺を子供たちと散策していた永田鉄山を、湖人が知らなかったとは考え難いです。つまり湖人にとって永田鉄山斬殺事件は、帝都東京であった陸軍内部の某重大事件ではなく、近所の高級将校が殺された事件であり、物語中よりはるかに身近な衝撃であったことは想像に難くありません。このことは『下村湖人伝』や『次郎物語』の解説には一切触れておらず、永田鉄山の評伝にも小金井に別邸があったことを記すのみで、その詳細については何も書いていません。
 「永田が生きていれば東條が出てくることもなかっただろう」とは、永田鉄山の人物評として有名ですが、この言葉を述べた鈴木貞一は皮肉にも東條英機の側近でした。『下村湖人伝』には戦後、平木中佐こと鈴木貞一が、巣鴨プリズンで第五部を読んで歯ぎしりをして悔しがったとありますが、それだけリアルな内容であったということでしょう。
 これまで『次郎物語』の研究は、文学や教育学の研究者に限られていましたが、現代史という新たな切り口からアプローチできる可能性を秘めています。次郎の成長物語として読むだけではなく、昭和戦前の日本青年館を取り巻く複雑な政治的状況を視野に入れないかぎり、『次郎物語』第五部の成立過程を解明するのは困難でしょう。

もどる

東京都三多摩公立博物館協議会とは加盟館リスト

このサイトは、財団法人東京市町村自治調査会の多摩・島しょ広域連携活動助成金を受けて制作いたしました。
各加盟館の提供情報については各加盟館までお問い合わせください。
Copyright ©2011 東京都三多摩公立博物館協議会 All Rights Reserved.