HOME>トピックス一覧

トピックス一覧



福生市郷土資料室


福生市郷土資料室特別展示「福生むかし絵Ⅱ」

市内在住の窪田成司氏が描いた、昭和10年代の福生に関する記憶画約50点を展示します。永田地区を中心とした、古きよき福生の風景や記憶画の世界をお楽しみください。

■記憶画とは
 記憶画とは、昔の町並みや生活風景などを正確な記憶に基づいて描いた絵画であり、これらの情景に関する写真や地図などの資料が残されていない場合には、それを補う歴史資料として注目を集めています。近年では山本作兵衛氏による明治大正期の筑豊の炭鉱の様子を描いた「炭鉱の記録画」が世界記憶遺産に登録されたことからも、その重要性が認められています。

■作者の窪田成司氏について
 窪田成司氏は昭和6年、現在の福生市永田地区に生まれました。家業の左官業のかたわら、若いころの記憶にある福生の風景や街並みなどを平成4年頃から描き始め、86歳となる現在も次々とむかしの風景を描き起こしています。
 窪田氏が描いたこれらの記憶画は、福生のむかしの風景を知る人びとの証言や、わずかに残る当時の写真との照合からも大変正確であることが判明しており、絵画としてのみならず歴史資料としての価値をも有するものとなっています。 

■展示の見どころ
 永田地区や北田園地区を描いた「永田絵図」には、当時の街並みが詳細に描かれています。北田園の水田や、多摩川での鮎漁の様子は現代では見られなくなった風景です。
 「宿橋通り家並絵図」は昭和12~13年頃の宿橋通りの家並みを描いた絵巻です。通りの北側と南側両方がそれぞれ描かれていて、向かい合わせにすると当時の通りの様子がわかります。また「御神輿巡行絵図」は天王祭りを描いたものですが、お祭りの様子や神輿を担ぐ人々の姿、神輿の造作などが、当時の街並みとともに細かく描かれています。



青梅市郷土博物館


新収蔵品展2017

青梅市郷土博物館では、平成28年度にご寄贈いただいた資料を展示・紹介する「新収蔵品展2017」を開催中です。
江戸時代の古文書や文化人の資料、新発見の板碑など、多数の資料を展示しています。

【展示会案内】
期間:平成29年8月19日(土)~10月9日(祝)
休館日:月曜日(9月18日は祝日のため開館します。)、9月19日(火)
会場:青梅市郷土博物館企画展示室
住所:青梅市駒木町1-684
電話:0428-23-6859
開館時間:午前9時~午後5時
入館料:無料
アクセス:JR青梅線「青梅駅」下車徒歩約15分
HP:http://www.ome-tky.ed.jp/kyodo/sin2017.html



パルテノン多摩歴史ミュージアム


パルテノン多摩歴史ミュージアム企画コーナー展示「作ってみよう!多摩ニュータウン」

みんなが住んでいる多摩ニュータウン。どんな人が住み、どんな工夫がされているのかな。みんなで展示を作って、多摩ニュータウンのことをもっと知ろう!
キッズファクトリーで住宅模型(ペーパークラフト)を作って、展示してみよう!
~みんなで模型やお雑煮調査に参加する、来館者参加型の展示です。お気軽にお越しください~

※ペーパークラフトは、4階のキッズファクトリーが開いている日(※)はキッズファクトリーで、閉まっている日は歴史ミュージアム入口で作れます。
※土曜日12:30~16:00、日曜日11:00~16:00、7月と8月は木曜日と金曜日の11:00~16:00も開いています。

http://www.parthenon.or.jp/rekishi/3116.html



武蔵村山市立歴史民俗資料館


武蔵村山市立歴史民俗資料館分館

 戦時中、市内にも東京陸軍少年飛行兵学校や所沢陸軍航空整備学校立川教育隊、村山陸軍病院などの軍事施設がありました。
 また、昭和20年4月には、空襲被害に遭うなど、武蔵村山市にも戦争の傷跡が残されています。
 そこで、東京陸軍少年飛行兵学校跡地の一角に、戦争の悲惨さ、平和の尊さについて学ぶ場として、歴史民俗資料館分館が平成28年9月25日に開館しました。
 分館では、これまでに市に寄贈された戦争関連資料や当時の様子を伝える記録類をもとに、戦時中の市域や人々の生活の様子の一端を紹介します。

【利用案内】
開館時間 午前9時から午後5時まで
休館日  月曜・火曜(祝日の場合は開館、翌日休)
     年末年始
入館料  無料
※団体見学、展示解説をご希望の場合は、事前申込(☎042-560-6620 武蔵村山市立歴史民俗資料館まで)が必要です
※無料駐車場3台(大型・中型バス駐車できません)

【住所】
〒208-0013 武蔵村山市大南3-5-7
☎042-566-3977



東大和市立郷土博物館


企画展示「吉岡堅二展-鳥110羽」(東大和市立郷土博物館)

 吉岡堅二(1906~1990)は、昭和期に活躍した日本画家の一人です。鳥をモチーフにした作品を多く手がけ、83歳で没するまで、東大和で精力的に制作を続けました。
 本展では、堅二の生誕110年にちなんで、日本画や素描の中から110羽の鳥の絵を取り上げ、ご紹介いたします。
○展示期間
 平成28年9月17日(土)~10月16日(日)


▲ページトップ

東京都三多摩公立博物館協議会とは加盟館リスト

このサイトは、財団法人東京市町村自治調査会の多摩・島しょ広域連携活動助成金を受けて制作いたしました。
各加盟館の提供情報については各加盟館までお問い合わせください。
Copyright ©2011 東京都三多摩公立博物館協議会 All Rights Reserved.