HOME>館のイチオシ

館のイチオシ



くにたち郷土文化館


緑川東遺跡出土 石棒

平成24年に出土した、4本の大形石棒です。

石棒は、縄文時代の磨製石器の一種で、子孫の繁栄や豊かな実りを祈願する「まつりごと」に関係する道具ではないかと考えられています。

通常石棒は、被熱していたり、破損している事例が多いのですが、本石棒はほぼ完形のものが、敷石遺構内に4本並べ置かれた状態で出土しています。


重要文化財「小林家住宅」
重要文化財「小林家住宅」

檜原村郷土資料館


重要文化財「小林家住宅」

 小林家住宅は、東京都の西部の山岳地帯にあり、月夜見山と御前山を繋ぐ尾根から小河内峠を介して南北に伸びる陣馬尾根と呼ばれる尾根筋上、標高約750mに建っている。平成20年に当時の所有者小林忠利氏から買収し檜原村の所有となった。
 建物は、18世紀前半(江戸時代中期)に建てられ、建設された場所にそのまま保存されている山岳民家としては稀有な存在である。
 昭和53年1月21日に国の重要文化財に指定されている。



江戸東京たてもの園


新規復元建造物「デ・ラランデ邸」

この住宅は、元は平屋建ての洋館でしたが、1910年(明治43)ころ、ドイツ人建築家ゲオルグ・デ・ラランデにより3階建てとして大規模に増築されました。その後、何回か所有者が変わりましたが、1956年(昭和31)から、三島海雲氏がこの住宅に住んでいました。1999年(平成11)まで新宿区信濃町に建っていました。

建物内部では、邸内及びテラスにて喫茶やお食事をお楽しみいただけます。


しくみラボのようす
しくみラボのようす
チャレンジの部屋「パラボラゴルフ」
チャレンジの部屋「ボールぐるぐる」

多摩六都科学館


テーマはDo Science! 観察・実験・工作のできるラボを毎日開催!

多摩六都科学館の展示室は、「チャレンジの部屋」「からだの部屋」「しくみの部屋」「自然の部屋」「地球の部屋」の5つに分かれています。その中に4つあるラボでは、スタッフやボランティアと対話をしながら、観察、実験、工作などの科学イベントを毎日開催。体験を通して、科学を「科学」に終わらせず、「Do Science!(科学する!)」していただくことができます。
「最も先進的」として世界一に認定されたプラネタリウムとともにお楽しみください。


宮澤賢治原作・銀河鉄道の夜は、超人気のため3年間ロングラン。  
宮澤賢治原作・銀河鉄道の夜は、超人気のため3年間ロングラン。  

八王子市こども科学館


最新型のプラネタリウムで、大迫力の映像体験をどうぞ!

直径が21mのドームスクリーン一杯に、迫力ある動画が映される番組は好評です。
 最新型なので、明るく高精細の映像をご覧いただくことができます。
 ドームスクリーンが大きいため、自分が全天周映像の中にいるような臨場感、没入感が得られ、立体映像に見えてくるほどです。
 別の館で同じ番組をご覧になった方が、遠くから当館での映像を見にお出でになることもあります。
 現在、4つの番組を投影中。 番組内容、投影開始時刻などは、ホームページで。
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/kyoiku/gakushu/sciencedome/index.html


▲ページトップ

旧宮崎家住宅
旧宮崎家住宅

青梅市郷土博物館


重要文化財「旧宮崎家住宅」

「旧宮崎家住宅」はもともと北小曾木村(現在の青梅市成木)にあり、昭和52年に当時の所有者である宮崎義雄氏より青梅市に寄贈されたことに伴い昭和54年に青梅市駒木町の郷土博物館隣接地へ移築されました。
建物については、建築様式からみて19世紀初頭のものであろうと考えられます。昭和53年に国の重要文化財に指定されています。



小金井市文化財センター


埋甕(市指定有形文化財)

 縄文中期後半の加曽利E2式前半期のものです。埋甕(うめがめ)1・2は住居址の床面に掘られた穴の中に口縁部を下にして、伏せた状態で埋められており、幼児埋葬等の風習と見られています。1は底部のほぼ中心に直径2cmの穿孔があり、ほぼ無傷の優品です。
 これらは、武蔵野台地における縄文時代中期後半の加曽利E2式期の標準資料として貴重なものです。



調布市郷土博物館


海保オルガン

 2004年4月に市民から寄贈されたこのリードオルガンは、正確な製作時期は不明ですが、明治33年(1900)までの保証書が付いていたので、作られてから100年以上たっているというお話でした。
 鍵盤の数が61鍵、音色を調節するストップが5個付いて、「海保製作」「大日本東亰三省堂」という文字があり、製作者と販売店がわかります。両側に円形の燭台受けがあり(左側は後補)、元は教会で賛美歌の伴奏に使われ、その後、教会から譲り受けて、持ち主が経営していた幼稚園で使われていました。
 全体的によく使い込まれており、特に中央部の黒鍵の色が白っぽくなるまで磨り減り、また、足踏み板のベルトを手縫いで繕うなどの修理の痕もいたるところにみられ、愛着が伺われます。持ち主の転勤や疎開にあわせて各地を転々としながらも、大切に使われてきました。
 現存する海保製のリードオルガンは、愛知県犬山市の博物館明治村の1台(犬山市の聖ヨハネ教会堂で使われた39鍵のベビーオルガン)と、当館所蔵のオルガン以外には知られていませんでしたが、2011年の東日本大震災で被災し修復されたリードオルガンが海保製とわかり、現在はこの3台が確認されています。
寄贈の翌年、この貴重なオルガンを約1ヶ月かけて修復し、調布市グリーンホール小ホールでコンサートを開き、明治の音がよみがえりました。

※現在、一時収蔵中のため、常時はご覧いただけません。


中世常滑
中世常滑
拡大
拡大
拡大

武蔵村山市立歴史民俗資料館


市指定文化財「屋敷山遺跡出土中世常滑窯大甕」

 この大甕は、明治時代初期に当時の中藤村字屋敷山(現在の中藤一丁目)から出土したと伝えられています。
 大甕の形や胎土などの特徴から室町時代(15世紀前半)に、現在の愛知県常滑市付近で作られたものであることがわかりました。
 人が一人すっぽり入ってしまうほどの大きな甕です。


      プラネタリウム内観
      プラネタリウム内観
拡大

東大和市立郷土博物館


プラネタリウム

 東大和市立郷土博物館には「プラネタリウム」があります。
 プラネタリウムでは、真っ暗なドームの中で満天の星空を楽しむことができます。季節の星空を映しだして星座を探したり、遠い宇宙空間への旅にお連れいたします。
 季節ごとの星座や全天に映し出される映像の番組を、平日は1日1回、土日祝日は1日3回投影しています。館内の自動券売機でチケットを購入すれば、誰でも気軽に星空をお楽しみいただけます。


▲ページトップ

第3回  中村彝  巌
第3回  中村彝  巌
巌

御岳美術館


図版

・中村彝(つね)「巌(いわお)」油彩P12 1909年

  中村彝(1887―1924)は、茨城県水戸市に生まれました。19歳の時、画家を志し黒田清輝の白馬会研究所に通い、中原悌二郎、鶴田吾郎と交友をもちました。その後、荻原守衛、新宿中村屋 相馬家との出会いにより、欧州文化に感銘を受け、レンブラント、ルノワールに傾倒していきました。守衛の死後、相馬家との交際を更に深め、制作に没頭する中、37歳で結核に倒れました。彝が世に残した作品は、多くありません。この作品は、第3回文展(明治42)に「巌」(宮内庁所蔵)を出品し、褒章を受けた作品の連作にあたり、房州白浜に三ヶ月間滞在した際に描いた貴重な作品です。レンブラント調の画面からは、確かな筆致が伺えます。この作品は、御岳美術館において常設展示しております。


八王子城跡出土ベネチア産レースガラス器
八王子城跡出土ベネチア産レースガラス器

八王子市郷土資料館


八王子城跡出土ベネチア産レースガラス器

 八王子城跡は、八王子市元八王子町三丁目他にある戦国時代末期の山城跡として、昭和26年(1951)に国の史跡に指定されております。
 八王子市教育委員会では、環境整備事業の一環として、平成4・5年度(1992・93)に城主北条氏照の居館があったと考えられる御主殿の発掘調査を実施しました。この発掘調査で出土したのがベネチア産のレースガラス器であります。
 「レースガラス」というのは、特殊な技法で製作されたガラスのことで、ベネチア(イタリアのベニス)のみで生産されたものと考えられます。
 ベネチアガラスは、大坂城や仙台城でも出土していますが、レースガラスは今のところ八王子城跡で出土しているのみです。

 *他館への貸し出しや展示替え等のため、ご覧いただけない期間がある場合がございます。詳細はお問い合わせください。

 *刊行物(八王子城跡御主殿発掘調査報告書、大地の中の歴史を探る)にも取り上げられています。
 図書の販売については、窓口のほか郵送による販売も行っております。詳しくはこちら↓をご覧ください。
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/kyoiku/rekishibunkazai/kyodoshiryokan/007355.html



立川市歴史民俗資料館


六面石幢(ろくめんせきとう)

立川市柴崎町四丁目、普済寺の後庭にある覆屋の中に、国宝六面石幢が保存されています。六面石幢は仁王像と四天王像を刻んだ6面の緑泥片岩の板石を六角の柱状に組み合わせたもので、六角形の笠石が乗せられています。高さ166㎝、各面の幅は42㎝、厚さ9㎝ほどです。6面のうち、2面には仁王像(阿金剛像・吽金剛像)、4面には四天王像(増長天像・広目天像・多聞天像・持国天像)が刻まれており、寺の安泰と信徒の繁栄を願って建立されたと考えられています。
この石幢が普済寺の開山・物外和尚の弟子である性了たちによって、延文6年(1361)に建てられた、ということが広目天像の板石に刻まれています。
 普済寺の六面石幢は、わが国の六面幢の代表的なもので、大正2年(1913)に国宝に指定され、戦後の国宝の見直しとともに、新国宝として再指定されています。
 立川市歴史民俗資料館常設展示室には、六面石幢の原寸大レプリカが展示されていますのでいつでも見学することができます。


18号弓
18号弓
18号弓
拡大
拡大

東村山ふるさと歴史館


東京都有形文化財「下宅部(しもやけべ)遺跡漆工関連出土品」

東村山ふるさと歴史館の一押し資料は、東京都有形文化財に指定されている、「下宅部(しもやけべ)遺跡漆工関連出土品」です。
なんと今から約4000年前の縄文時代の漆工に関係する遺物が、市内の下宅部遺跡から出土しました。
この遺跡は湧き水によって守られていたため、通常の遺跡では残りづらい有機質の遺物が多数出土しました。中でも色鮮やかな漆塗りの弓やかんざし、杓子といった貴重な縄文時代の漆製品は縄文人の技術の高さがうかがえる逸品。
さらにた縄文人が漆液を採取した「漆掻き傷」の残る木杭をはじめ、漆液を貯蔵した土器や、赤色顔料をすり潰す石器、貝殻を利用したパレットといった漆工に関わるさまざまな道具が出土しました。
こうした発見から縄文人がウルシ林を管理し、漆液を塗料や接着剤として利用していたことがわかりました。
これらの品々は、現在はふるさと歴史館の分館で、下宅部遺跡現地より徒歩5分に位置する「八国山たいけんの里」に展示されています。


「多磨寺」に使われた瓦
「多磨寺」に使われた瓦

府中市郷土の森博物館


「多磨寺」に使われた瓦

時代:飛鳥~奈良時代
府中に国府が置かれたころ、国府の役所の建物に接して、「多磨寺」と呼ばれた寺院がありました。写真はその寺の屋根を飾った軒丸瓦です。飛鳥時代の終末~奈良時代初頭頃のものでしょう。今のところ都内では最古の瓦ですから、「多磨寺」は都内最古の寺院と考えられます。


▲ページトップ

「紙本着色観心十界図」
「紙本着色観心十界図」
「紙本着色観心十界図」拡大
「紙本着色観心十界図」拡大
「紙本着色観心十界図」拡大

瑞穂町郷土資料館


紙本着色観心十界図

 瑞穂町では、円福寺にて所有している「紙本着色観心十界図」が、東京都有形民俗文化財指定を受けており、この紙本着色観心十界図は、縦140.6㎝、横127.6㎝の掛け軸装で、その図様は上部中央「心」の字の中心に、上部は弧を描くように人間が生まれてから老いる姿が描かれており、どんな人間でも等しく老いと死が訪れるという人間の宿命を強調しています。
また下部は人が生まれ変わり、地獄界・餓鬼界・畜生界・修羅界・人界・天界の六道、さらに声聞界・縁覚界・菩薩界・仏界の悟界を合わせた十界が描かれています。
 本図は中世末期~近世初期に制作されたと推定され。諸国を巡歴して熊野信仰を広めていた尼僧、熊野比丘尼が諸人に勧善懲悪を説く「絵解き」の用具として用いたと考えられており、人の一生及び死後の世界を一枚絵に表した希少な資料であり、瑞穂町郷土資料館では年2回の公開に協力しています。

 その他に瑞穂町郷土資料館では、21件の町指定の文化財があり、どれも郷土に関する歴史・文化・自然資料として大切に保護・活用を行っています。


「3Dシアター」
「3Dシアター」
「3Dシアター」
「3Dシアター」

奥多摩水と緑のふれあい館


「3Dシアター」

奥多摩水と緑のふれあい館は東京都水道局と共同で運営され、多摩川流域の水道水源のPRと奥多摩の歴史・文化の紹介が主な展示ですが、観光地の中心にあることから奥多摩の自然の紹介も併せて行っています。
中でもお勧めなのが「3Dシアター」です。立体映像(3Dメガネ使用)により、奥多摩から多摩川源流域の四季の自然や見所、郷土芸能を上映しています。普通の映像と違い、モノが飛び出して見えたり遠近感が表現されることからより臨場感が味わえます。
1回の上映時間は約16分で、1日最大で13回上映しています。奥多摩湖へお立ち寄りの際は是非ご覧ください


パレオ・パラドキシア化石(レプリカ)
パレオ・パラドキシア化石(レプリカ)

あきる野市五日市郷土館


“世界の奇獣”パレオ・パラドキシア

 館の1階展示室に、不思議なかたちをした骨の化石があります。これは“世界の奇獣”と呼ばれるパレオ・パラドキシアの頭骨の化石です。パレオ・パラドキシアとは、約1500万年前に生息していたカバのような姿をした哺乳動物で、体長は約3mほどあります。この仲間はデスモスチルス類、あるいは束柱(そくちゅう)類と呼ばれ、丸い柱を束ねたような歯をしているのが特徴です。およそ1500万年前に北太平洋の海岸に現われ、短期間のうちに忽然と姿を消してしまったため、進化の道筋や生態などはわかっておらず、謎に満ちた哺乳動物です。「パレオ・パラドキシア」という名前も、「古くて不思議なもの」という意味をもっています。この化石は昭和63年に五日市駅近くの秋川で発見され、五日市郷土館に寄贈されました。展示室ではこのレプリカを公開していますが、円柱形の歯の特徴などをよく観察することができます。パレオ・パラドキシアは全国的にも発見例が少なく、特に頭骨は非常に希少な資料です。


江戸時代の玉川上水の水門
江戸時代の玉川上水の水門

羽村市郷土博物館


江戸時代の玉川上水の水門を、実物大に再現!

羽村堰にあった江戸時代の玉川上水の水門を、実物大に再現しています。
ここから取り入れた水が、世界有数の大都市、江戸の生活を支えました。
その大きさから、当時の技術力や江戸の町の規模を体感していただけます。
羽村市郷土博物館には、このほかにも玉川上水に関する資料を展示しています。
小学生の学習や玉川上水散策の参考にぜひご来館ください。



清瀬市郷土博物館


清瀬市指定有形民俗文化財「清瀬市及び周辺地域のうちおり衣料」

 清瀬市指定有形民俗文化財「清瀬市及び周辺地域のうちおり衣料」(指定年度:平成17・19年度)は、清瀬市及び清瀬市周辺の明治・大正・昭和における衣文化を知る上での貴重な資料です。附(併用衣料及び衣料製作用具)を含めて367点が指定されており、当館ではそのうちの366点を保管しています。
 「うちおり」とは、商品として織られたものではなく、家族や自分のために手元にある材料などを使って織られた織物のことを指します。織糸から綿布や絹布、着物、端裂などがあり、布の使い回しまでが分かる資料群です。
 常時その一部を公開しております。詳細については、当館までお問い合わせください。
 文献として、図録「清瀬市指定有形民俗文化財 うちおり ―糸に託した想い―」、平成17~19年度の各年報がありますので、併せてご参照ください。


▲ページトップ

聖蹟桜ケ丘
聖蹟桜ケ丘
聖蹟桜ケ丘
眼鏡橋

たましん歴史・美術館


図版

・聖蹟桜ケ丘(多摩市)スケッチ 30.0×38.0 1970年頃
・梅雨期の眼鏡橋(立川市・根川)油彩 P20号 1929年

  当館は、多摩を代表する画家倉田三郎が残した多摩の風景画、世界50数カ国を旅する中で描いたスケッチ画などを含む、油彩、水彩画等約2000点の作品を所蔵しています。 
 倉田三郎は、春陽会の重鎮として知られるところですが、画業のみならず、府立二中から立川高校教諭、東京学芸大学教授を歴任し、さらに国際美術教育学会会長に選任されるなど、美術教育の面においても国際的に多大な業績を残しています。また日本美術家連盟の創設・運営にも尽力し、会派の枠を超えて美術家の地位向上や環境整備に寄与するなど、その指導力・包容力あふれる人間性を発揮して、多方面において活躍しました。倉田三郎の残した作品には、今は失われてしまった多摩の原風景が数多く残されています。


晴海 非廊下階住戸
晴海 非廊下階住戸
非廊下階住戸
壁
流し

集合住宅歴史館


「公団住宅」の一部を移築・復元

集合住宅歴史館には、同潤会代官山アパートや昭和30年代の「公団住宅」の一部を移築・復元しております。
その復元住戸の中でも、イチオシなのが昭和33年に建設された晴海高層アパートです。
当時日本住宅公団では中低層の住宅供給を進めていましたが、都市住宅のあり方の一つとして高層住宅の検討が始まり、10階建ての晴海高層アパートが建設されました。
設計は建築家の前川國男氏(紀伊国屋本店、熊本県立美術館等を設計など)が担当し、公団で初めての高層住宅でエレベーターが設置されているなど、特徴の多い建物です。
エレベーターの停止階を限定した、スキップフロア方式も特徴の一つで、エレベーターの停まる廊下階と停まらない非廊下階住戸をそれぞれ一住戸ずつ復元しています。
住戸内は、できる限り居室を広く明るく見せるための様々な工夫が施されており、建築や内装の勉強をされている方にもお勧めです


天文機器資料館に設置された写真天頂筒(PZT)
天文機器資料館に設置された写真天頂筒(PZT)

国立天文台天文機器資料館


写真天頂筒(PZT)

写真天頂筒出現までは、子午儀による観測で日本の時刻を決定していましたが、より高い精度で時刻を決定できる写真天頂筒が開発され、昭和27年から63年の35年間、日本の時刻を決定していた非常に特殊な望遠鏡です。
この望遠鏡は天頂を通過する恒星を毎日(晴れていれば)観測し、地球の自転の遅れ、ふらつきを観測していました。
天頂(真上)を通過する恒星を観測するため、望遠鏡自体の駆動機構はありませんが、撮影される恒星の像を4点取るため、写真乾板を90度づつ3回回転させる機構と、露出中日周運動に合わせて恒星を追尾する乾板移動機構を持っています。この望遠鏡の特徴の一つは、筒が鉄より熱膨張係数が小さいということから陶器で作られているという非常に珍しい望遠鏡です。
時刻の決定は電波観測に譲られ、この望遠鏡の役目が終わり、現在では天文機器資料館に移され、まだガラス越しに遠くに見ることが出来ます。


▲ページトップ

東京都三多摩公立博物館協議会とは加盟館リスト

このサイトは、財団法人東京市町村自治調査会の多摩・島しょ広域連携活動助成金を受けて制作いたしました。
各加盟館の提供情報については各加盟館までお問い合わせください。
Copyright ©2011 東京都三多摩公立博物館協議会 All Rights Reserved.